成川ジローの愛すべき○○ブログ(ネタバレあり)

管理人である成川ジローが愛すべき映画やアニメを格闘技、プロレスに絡めたりもして語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シャーロック・ホームズ

 目黒シネマで『第9地区』との二本立て上映にて鑑賞。やっぱ『第9地区』は面白い。今年最高の一本だわ。

邦題『シャーロック・ホームズ』
原題『Sherlock Holmes』
2009/アメリカ/137分
監督 ガイ・リッチー
出演 ロバート・ダウニー・Jr、ジュード・ロウ、レイチェル・マクアダムス、マーク・ストロング、ロバート・メイトレット

ポスター

 1891年のロンドン。私立探偵のシャーロック・ホームズとその助手であり医者のジョン・ワトソンは、若い女性を生贄に黒魔術の儀式を行っているブラックウッド卿を逮捕する。ワトソンがその処刑も見届け、ブラックウッド卿はこの世から去ったと思われたが、数日後復活を果たしたブラックウッド卿は黒魔術で世界を変えることを宣言する。ホームズとワトソンはその企みに巻き込まれながらもブラックウッド卿の野望を阻止すべく捜査を開始する。

 本当にガイ・リッチーが監督したのか疑問に思うくらいただのアクション映画だった。どこをこだわったのか……あの独自に極めたいんちきっぽい武術か。残念。ロンドンの街並みの描写は中々良いと思うけど、ガイ・リッチー作品ならではの面白さが無くて見てて困った。『ロックンローラ』の結果があんまり芳しくなくてスポンサーかなんかに「このシリーズはヒットしなさそうだから、別の人気が出るシリーズものを作れ」とでも言われたのだと勝手に予想してみる。


 主人公のシャーロック・ホームズ。ロバート・ダウニー・Jr。

ホームズ

 この全然紳士っぽくない新しいホームズ像がこの作品の見所なんだろうけど、自分にはそれが最後まで馴染めなかった。別にホームズの熱烈なファンでも無いし、特別な愛着があったりする訳でも無いんだけど、個人的なイメージとしてロバート・ダウニー・Jrは合わない……演技は上手。それにしても『アイアンマン』といいこれといい、シリーズ物にロバート・ダウニー・Jrの春が来たな。


 相棒のジョン・ワトソン。ジュード・ロウ。

ワトソン

 『AI』を自分は見てないから、ジュード・ロウは『スターリングラード』のスナイパーのイメージが強い。あとは『ロード・トゥ・パーティション』のキレた追跡者か。とにかく久しぶりにジュード・ロウを見た。ロバート・ダウニー・Jrのホームズには良いパートーナーだとは思うけど、やっぱり自分のイメージと合わない。ロバート・ダウニー・Jrのホームズよりはまだ良いんだけど……もっと若々しくても良いんじゃないかと。
 しかしながらこの二人のコンビ。

ゲイ

 距離が一々近いwwwこいつらゲイだろwww今までゲイネタやって来たりっちーがまさかこういうこんびにするとは。ワトソンはともかく、ホームズはヒロインがいるにも関わらず本命はワトソンなんだと思った。多分この映画は腐女子が歓喜するんだろう笑


 ヒロインのアイリーン・アドラー。レイチェル・マクアダムス。

レイチェル

 なんとも微妙な顔してるなぁって言うのが正直な感想。ホームズとの関係がルパン三世と峰不二子みたいな関係になってた。やっぱりホームズのイメージと合わない、新ホームズなんだなぁ。。。ってかヒロインって言うけど扱いはあんまり良くなかった。なんか続編で出てくる予定っぽいモリアーティ教授とか言う人を引き立たせるだけな感じ。ちょっと可哀想。


 悪役のブラックウッド卿。マーク・ストロング。

ブラックウッド

 近年のガイ・リッチーはマーク・ストロングが大好きですね。悪役で、途中までは迫力あるんだけど、最後の企みが阻止されちゃったときのブラックウッド卿はヘタレ過ぎてワロたww阻止されるとは微塵にも思ってなかったんだろうな……詰めが甘い。
 首吊って、脈が無くても首に縄の後がなかったら怪しいだろ。そこは気付くと思うんだけどな。ワトソンが駄目医者だったのか。


 本当に特に見るべきものの無いよくあるアクション映画。悪く言えばただの凡作。ガイ・リッチー……やっぱり枯れ果てちゃってるのか。こんなん作られてもガイ・リッチーファンとしてはやはり納得いかない。ってかこういうのが作りたかったのか??別に続編見たいとも思えなかった。

 ダウニーもジュード・ロウも、個人的にはホームズ、ワトソンに合ってない。まぁこの作品のキャラ設定が自分に合ってないと思うと言うべきか。他の役者の方が面白いと思うんだけどな。ホームズにトム・ハンクスかゲイリー・オールドマン。ワトソンにエドワード・バーンズかジョシュ・ハートネットなんかのシャーロック・ホームズはどうだろう??

 巨人との1回目の戦いは割と良かったかな。まぁ巨人との戦いなら『パニッシャー』の方が面白いけど。

巨人

 この人はロバート・メイトレットと言う人らしい。でかい。まんま普通のアクションだったけど普通に面白い。クライマックスでの戦闘はあんまりだった。

 個人的には全然魅力を感じなかった作品。ガイ・リッチーという事で期待しすぎたせいもあるかもしれない。お勧めはしない。


愛すべき名場面
○中盤の巨人との戦闘


愛すべき名台詞
特になし

評価
★★
(★ 五つが最高。☆は0,5点)

予告編↓


シャーロック・ホームズ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)シャーロック・ホームズ Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
(2010/07/21)
ロバート・ダウニー・Jr.ジュード・ロウ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/07/27(火) 09:49:09|
  2. 映画-洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<NARC ナーク | ホーム | プレデターズ>>

コメント

謎解き成分薄いよね。

当たり障りのないアクション映画だったよね(笑)
でも、普通に楽しめた。

確かに自分の中にあるホームズのイメージと、映画のキャラクターとの間に違和感は感じたけど、ロバート・ダウニー・Jrもジュード・ロウも良い味出してて、途中からそんなに気にならなくなった。
ドラえもんの声優が変わった後みたいな感覚かな。

ホームズとワトソンの掛け合いがもっとはっちゃけてたら、映画の雰囲気が大きく変わった気がする。
続編が出来たら、そのあたりに期待したいな。

  1. 2010/07/27(火) 21:13:06 |
  2. URL |
  3. CROSS #-
  4. [ 編集 ]

たぶん

 ガイ・リッチー以外の人がこれ作ってたら普通に面白いって言ってると思う。★も1~2個増えたかもしれない。やっぱ期待しすぎたんだよなー。全然ガイ・リッチーっぽくないんだもん笑

 せめて最後のブラックウッドを追い詰めるところを知的なアクションでやってほしかったと言うかさ……シャーロックホームズを名乗るってことは、アクションに力を入れても良いんだけど、でも最後は知力じゃなきゃ駄目な気がする……。

 続編ではあいつらの掛け合いがゲイにしか見えないのを変えてほしい笑
  1. 2010/08/02(月) 15:04:00 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nestofdragon.blog130.fc2.com/tb.php/97-8bc06c72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

成川ジロー

Author:成川ジロー
暴力は嫌い。
お酒も嫌い。
女性に弱い。
お金は無い。
誠意はある。

評価は
★=1
☆=0,5
五つ星=★★★★★が最高評価です。

yahoo映画も登録してます↓
http://my.movies.yahoo.co.jp/profile-h5Bi36CCZy9hq1y7A4EjP_5.bwtX

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
映画 (7)
演劇 (2)
プロレス (0)
格闘技 (0)
映画-香港 (24)
映画-邦画 (22)
映画-洋画 (33)
映画-その他 (11)
目次 (6)
プロレス-WWE(WWF) (0)
格闘技-ボクシング (0)
格闘技-K-1 (0)
格闘技-総合 (0)
小説 (1)
アニメ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。