成川ジローの愛すべき○○ブログ(ネタバレあり)

管理人である成川ジローが愛すべき映画やアニメを格闘技、プロレスに絡めたりもして語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キサラギ

 とても評判が宜しいので借りてみたけど、この監督がこの後に撮った『守護天使』を先に見る機会があって、そちらがとてもとてもつまらないクソ映画だったので見るのが大分後回しにされていました。でも見たら普通に良かったです。こっちがまぐれなのか……『守護天使』がたまたまクソ映画だったのか……


邦題『キサラギ』
2007/日本/108分
監督 佐藤祐市
出演 小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之、酒井香奈子、宍戸錠

ポスター

 あるペントハウスでD級マイナーアイドルである如月ミキの一周忌の追悼会のため、ファンサイトで交流していたお互いに顔も本名も知らない5人の男が集まった。最初はぎこちないながらもファンサイトの運営者であるハンドルネーム家元が場を仕切っていたが、一人が如月ミキの自殺におかしな点があると言い出してから、その場は一転し様々な憶測から如月ミキの死の真相を探りあう場となるが、次第に集まった5人と如月ミキとの意外な関係が明らかになっていく。

 あらすじ書くと凄い真面目そうな展開だけど、基本的には面白おかしい。演劇みたいな映画だと思ったら元が演劇だった。ずっと同じ場所で展開するしね。ってか、自分は何故か「男5人組が集まってスタイリッシュに集団詐欺をやるサスペンスアクション的な映画」だと思い込んでいました。何か他の映画と勘違いしてたみたいです。なんだろ??

 オープニングで人物紹介がある。『パラサイト』しかり『スナッチ』しかり『トレインスポッティング』しかり、オープニングで人物紹介をやるのはとても好き。とりあえずそれに沿って紹介。


 ファンサイトの管理人であり司会者の家元(ハンドルネーム)。小栗旬。

小栗

 こんなイケメンがD級アイドルの追っかけでファンサイトやってるなんて……ってか普通そういう事やるのはフツメン以下の引きこもりオタクニートだろ!!笑 『守護天使』でもネトゲ廃人引きこもり経験のあるやや対人恐怖症のキャラにイケメン俳優使ってたけど、この監督はそういうイメージなのか???
 まぁ小栗旬は別に悪くない。むしろ良かった。D級アイドルオタにはそぐわない爽やかさがどうしても引っかかるけどね。


 如月ミキの死の真相を探ろうとするオダ・ユージ(ハンドルネーム)。ユースケ・サンタマリア。

ユースケ

 こいつの纏う雰囲気は良いんだけどさ、ユースケ滑舌悪すぎだろwww怒ったりしてないシーンでも結構噛んでるけど、それで良いのか?


 自分で持ってきたアップルパイのりんごが腐っててそれに当たり度々トイレに行く安男(ハンドルネームであり本名)。塚地武雅。

塚地

 一見して見事にアイドルオタクに見える良いキャラ。後半までのわらかしキャラ。後半からのキャラもそれはそれで良かったけど、ジョニー・デップに失礼だろwwwまぁそれも如月ミキのキャラ描写なんだろうけどさ。
 はねるの扉かなんかでコントやってたときにも思ったんだけど、この人結構演技上手いんじゃない??


 一人だけテンションが高くて何でも乗っかるスネーク(ハンドルネーム)。小出恵介。

小出

 にぎやかしキャラだけど、その他人の意見に乗っかりまくる感じがうぜぇ!!良い意味でうぜぇwww良い意味でぶん殴りたい笑
 スネークって聞いたとき、こいつがストーカーだ!って思ったのは俺だけじゃないだろ!!笑「スネークする」って言うじゃん!!メタルギア的な意味で!!


 見るからに怪しいおっさんの苺娘(ハンドルネーム、ネカマ)。香川照之。

香川

 こういう怪しいおっさんやらせても良いね。相変わらずの良い演技。不気味な迫力がある。年齢不詳な感じがあって、こいつと如月ミキの関係が一番意外だった。


 そして彼らが崇拝するD級アイドル、如月ミキ。酒井香奈子。

アイドル

 こいつが顔出しするのは最後の方なんだけど、ラストのLIVE映像みたいのがマジでD級っぽくてワロタwwwハルヒに出てくるみくるっぽいwww
 4人がそれに合わせて踊るのはなんとも微妙な感じだったなぁ。物足りない。


 あと、そのラストのLIVE映像の司会者と、最後の最後の謎の人として宍戸錠が出てくる。

宍戸じょう

 ピント合ってる絵じゃなくてごめんなさい。こういう最後の最後で煮返す的な演出も演劇っぽいよなーって思う。まぁ真相はどうあれ中心となってる如月ミキはどーかんがえても可哀想で報われないってのも演劇にありがちなものな気がする。前に見た大人計画の『ドブの輝き』の裁判のヤツがそうだっただけかな?

 『サマータイムマシン・ブルース』のように演劇から映画化した場合に映画というメディアの利点を活かした様には思えなかった。たぶん演劇で事足りると言うか、この映画は面白かったけど、元の演劇を超えてはいないんだろうなと思う。
 回想を静止画をいじってやったり、最後のプラネタリウムにそれぞれの思い出が映る演出は別に要らないと思うし、演劇でもできるしなぁ……配役は好きだけどね。

 まとまっていて確かに面白いけれど、小さくまとまっていてパンチが欠けていると思う。もう一つ何か欲しいところ。もう一つか二つ、映画ならではの面白さを見せてくれれば文句無しだと思う。

 どーでも良い事だが、

左下の光何心霊

 左下の光なんだろう??心霊か???


愛すべき名場面
○特に無し

愛すべき名台詞
○喪服を着れば盛り上がれるんですよ!!
○ラッキー・チャッピーが実在するか!馬鹿ー!!

評価
★★★★
(★ 五つが最高。☆は0,5点)

予告編↓



キサラギ スタンダード・エディション [DVD]キサラギ スタンダード・エディション [DVD]
(2008/01/09)
香川照之ユースケ・サンタマリア

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/07/21(水) 19:57:23|
  2. 映画-邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シティーハンター | ホーム | トレインスポッティング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nestofdragon.blog130.fc2.com/tb.php/94-72cdb92e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

成川ジロー

Author:成川ジロー
暴力は嫌い。
お酒も嫌い。
女性に弱い。
お金は無い。
誠意はある。

評価は
★=1
☆=0,5
五つ星=★★★★★が最高評価です。

yahoo映画も登録してます↓
http://my.movies.yahoo.co.jp/profile-h5Bi36CCZy9hq1y7A4EjP_5.bwtX

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
映画 (7)
演劇 (2)
プロレス (0)
格闘技 (0)
映画-香港 (24)
映画-邦画 (22)
映画-洋画 (33)
映画-その他 (11)
目次 (6)
プロレス-WWE(WWF) (0)
格闘技-ボクシング (0)
格闘技-K-1 (0)
格闘技-総合 (0)
小説 (1)
アニメ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。