成川ジローの愛すべき○○ブログ(ネタバレあり)

管理人である成川ジローが愛すべき映画やアニメを格闘技、プロレスに絡めたりもして語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

星を継ぐもの

 「馬鹿にSFは楽しめない」とは良く言ったもので、SFってのは確かに知的好奇心が無い人間には何も面白くないだろう。だが、好きな人には無限の楽しみがある、至高のジャンル。
 逆にSFが楽しめるから頭が良いってなる訳ではないけど、人を選ぶのは本当。マスターキートンが人間は学ぶ事が人間の使命だと言っていたが、知る楽しみ、知る喜びは幸せであるとも思う。


書名:星を継ぐもの
原題:INHERIT THE STARS
著者:ジェイムズ・P・ホーガン(James Patrick Hogan )
訳者:池央耿
発行所:東京創元社
発売日:S55年5月23日

星を継ぐもの

 科学が発達し、宇宙進出のため世界が統一された世界。人類の捜索の手は木星にまで届き、月への旅行もできる時代。そんな時代のある日、月面で発見された真紅の宇宙服をまとった死体。だが、綿密な調査の結果、死体はどの月面基地の所属でもなければ、ましてやこの世界の住人でもなかった。彼は五万年前に死亡していたのだ!彼は何者なのか、彼は何処からやってきたのか、彼に何があったのか、その死体の研究が進む中、さらに木星の衛星ガニメデで、地球の物で無い宇宙船の残骸が発見される。一体どのような関わりがあるのか?

 と言う感じの、ハードなSF小説。あらすじを読んで「こいつは面白いだろ!」と一目惚れ。
 自分が生まれる5年も前に世に出された、ジェイムズ・P・ホーガンのデビュー作。この筆者はイギリス、ロンドン生まれの超有名なSF小説家らしい。だからもしかしたら自分が知らないだけで、この作品はSFの代表的作品なのかもしれないが、これは本当に面白い。傑作。

 人類の未知との遭遇を描いたものであるけれど、この本には生きたエイリアン、地球人を狩るエイリアン、地球人に寄生するエイリアンは出てこない。戦いは無い。あるとすれば頭脳戦か。書かれているのはひたすら研究解明。死体から推測する正体の推理だったり、未来的な科学技術による研究だったり。だが、それが良い。
 ひたすら研究者の話題なのだけど、ワクワクするし、興奮するし、面白い。

 主人公ヴィクターによって、謎が明かされるクライマックスでは、柴田ヨクサルの漫画『谷仮面』で谷が小説を読んでるときに喧嘩を仕掛けられ、その相手に退散されて、でも追わずに本の続きを読み始めて、「な、なにしてんのさ!?仕返しは?」って言われたときの返答
「そんなのあとだ!この小説の今読んでる内容知れば誰だって続きを読むぞ!!」
 って言った気持ちがわかる。凄いわかる。止まらなくなる。至高の瞬間。その後にある追い討ちのクライマックス。ダンチェッカーの演説も素晴らしい。至福。この本の中の統一された平和な世界。その姿こそが人類がたどってきた進化の形なんだと、気づく。

 ガニメデアンからルナリアンへ、ルナリアンから地球人へ、「星を継ぐもの(Inherit the Stars)」と言うタイトルも素晴らしいわ。新訳Zガンダムのサブタイトルが同じなのは、オマージュか何かなのかな?まぁあっちはあっちで違った意味を持つ良いサブタイトルだと思うけど。

 エピローグもたまらない、クライマックス後のダンチェッカーによるさらなるクライマックスの追い打ち辺りで予想はできるが、あー!って叫びたくなる。コリエルの存在がたまらなく良い。

 暇で「誰かおススメの本紹介してくれ」と言う人がいるなら、ちょっと読んでみてほしい。名作である事に間違いはないから。
 続編もあるから、自分は引き続きそれを読んでみます。


愛すべき名台詞
特に無い

愛すべき名場面
○最初の方の未来世界描写。
○チャーリーの事がだんだんとわかっていくシーン。
○ヴィクター・ハントが閃く瞬間~仮説の発表~ダンチェッカーの演説~地球での発掘作業の流れ。

評価
★★★★★

P.S.
どうでも良いことだけど、カバーイラスト何か見たことあると思ってたらスタジオぬえの加藤直之。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2010/07/12(月) 16:53:45|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<五福星 | ホーム | NINE>>

コメント

なんか聞いたことあると思ったらZガンダムDVDのタイトルだった。SFっていうのかわからないけど、おれも先日買った「と学会年鑑」を読まなきゃ。
  1. 2010/07/16(金) 12:12:17 |
  2. URL |
  3. たけだ #-
  4. [ 編集 ]

と学会年鑑が

わからなくて調べてみたけど、amazonのレビューに面白げな事が書いてあった。知る楽しみ、知識を得る楽しみって本当に良いよね。

新訳Zはもしかしたらこれから名前借りたんじゃないかと勝手に予想。富野監督はSF大好きだろうしね。
  1. 2010/07/19(月) 21:07:07 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nestofdragon.blog130.fc2.com/tb.php/90-418029cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

成川ジロー

Author:成川ジロー
暴力は嫌い。
お酒も嫌い。
女性に弱い。
お金は無い。
誠意はある。

評価は
★=1
☆=0,5
五つ星=★★★★★が最高評価です。

yahoo映画も登録してます↓
http://my.movies.yahoo.co.jp/profile-h5Bi36CCZy9hq1y7A4EjP_5.bwtX

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
映画 (7)
演劇 (2)
プロレス (0)
格闘技 (0)
映画-香港 (24)
映画-邦画 (22)
映画-洋画 (33)
映画-その他 (11)
目次 (6)
プロレス-WWE(WWF) (0)
格闘技-ボクシング (0)
格闘技-K-1 (0)
格闘技-総合 (0)
小説 (1)
アニメ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。