成川ジローの愛すべき○○ブログ(ネタバレあり)

管理人である成川ジローが愛すべき映画やアニメを格闘技、プロレスに絡めたりもして語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三国志

 三国志の映画といえば『レッド・クリフ』を思い浮かべる。しかし、同時期に同じ三国志の映画が製作されていた!!『レッド・クリフ』がトニー・レオンならこちとらアンディ・ラウじゃい!と対抗したのかどうか知らんけど『インファナル・アフェア』のライバルキャストを主役に据えたこの作品。当たり前だけど全然目立ちませんでした笑

邦題『三国志』
原題『三國之見龍卸甲』英題『THREE KINGDOMS』
2008/香港/102分
監督 ダニエル・リー
出演 アンディ・ラウ、サモ・ハン、マギー・Q、アンディ・オン、プー・ツンツン、ユエ・ホア、ティ・ロン、チェン・チーフイ、ダミアン・ラウ、ヴァネス・ウー、ティン・ハイフォン

ポスター

 三国志で活躍した蜀の五虎将の一人、趙雲子龍の参戦から戦死までを追った伝記合戦映画。

 趙雲の半生を描いたこの作品だが、趙雲と絡むメインキャラは架空の人物がほとんどであり、趙雲子龍を題材にしたファンタジー映画と言った方が良いかもしれない。ヒーロー物。『三国志』ってタイトルだと全然合わない。ってか二国しか出てこないwww
 『レッド・クリフ』はかなり国際的に作られて、大掛かりな大合戦映画だったが、こちらはそこまで大掛かりではない。『レッド・クリフ』のキャストがトニー・レオン、金城武、中村獅道などだったのに対して、こちらのキャストはアンディ・ラウ、サモ・ハン、ティ・ロンなど。なんて素敵な野郎共。香港映画好きじゃないと基本見ないだろう。アンディ・ラウの熱烈なファンとかだったら是非見て欲しい。簡単に言ってしまえばアンディ・ラウが活躍しまくる映画なのである。


 主人公の趙雲。アンディ・ラウ。

アンディ青年

 アンディ・ラウはとても良い役者である。でも、いつも思うんだけど、アンディ・ラウの知名度ってどんなもんなんだろう??『インファナル・アフェア』が大ヒットしたって言っても、日本じゃ「映画好き」って言う人でも見てない人の方が多い気がするし、前の北京オリンピックで開会式かなんかでジャッキー・チェンと並んで歌っていたとき、「ジャッキーはともかく、アンディ・ラウとか知らんだろ」って心配になったんだが……。
 今回趙雲の半生という事で青年期から老年期まで演じている。上の画像が一番若い画像。
 五虎将となったとき。

アンディ将軍

 最後の決戦時。

アンディ老年

 アンディ渋いなぁ。若く見せるのがだんだん厳しくなってきた気がするけど。好青年もできるし、一番下の画像みたいな悪い笑い方もできるし、これからもアンソニー・ウォンやフランシス・ンなどの激シブなおじさま達の仲間入りをしてジョニー・トー監督作品に出て欲しい。
 趙雲としては割りとはまっていたと思う。『レッド・クリフ』のチャン・チェンも良かったんだけど、アンディの方が良いかな。アクションも頑張っていて、趙雲、関羽、張飛の三人がちょこっと仲間割れするシーンは良かった。


 趙雲と同郷で兄貴分の羅平安。サモ・ハン。

サモハン青年

 この人と趙雲の絆の物語。まぁこの人は架空の人物なんだけどね。趙雲同様青年~老年までサモ・ハンが演じるんだけども

老いても兄弟

 やっぱ無理があるな。
 今回はそんなに強くない人物なので、サモ・ハン自身のアクションは控えめで、アクション監督とかやってたらしい。合戦物のアクション監督とかもやることにちょっと驚いた。久しぶりにサモ・ハンの地声を聞いたが、こんな声だったっけ??そういえば日本語吹き替えでは見なかったけど、こういう作品のサモ・ハンを水島さんが声やったら変な気がする。こいつが劇中やったミスはまぁ殺されても仕方ないわ(^^;
 サモ・ハンとアンディ・ラウが同じ映画出るのって『七福星』以来かな?って思ったけど、よくよく考えてみたら『炎の大走査線』があったな……。あのクソ映画。


 趙雲を倒す事に執着する魏の都督、曹嬰。マギー・Q。

マギー2
マギー3
マギー4

 幼い頃に趙雲の阿斗奪還一騎駆けを目にして趙雲を目の仇にしているという架空の人物。
 『ミッション・インポッシブル3』や『ダイ・ハード4.0』に出ていて、見る角度と言うか、写り方によって凄い綺麗にも見えるし、全然大したことないようにも見える不思議な人。今回も美人なんだかどうかよくわからなかった。
 アクションも結構頑張っていて良かった。

マギー5

 しかし、女性が戦場でトップ張れる時代じゃないだろうに……やっぱファンタジー映画だよなぁ。。。ってかこの人中国系じゃないだろ(^^;


 他はメインキャラと呼べるような人物はいない。
 それぞれの部下は割と格好良い死に様を見せてくれた。

アンディ・オン
カン将軍

 上が趙雲の部下の芝。アンディ・オン。
 下が曹嬰の部下のカン将軍。役者は不明。たぶんユー・ロングァンって人。
 二人とも地味に目立っていて壮絶に散っていった。


 あとは三国志的にはメインキャラだけど、この映画では端役の人たち。
 諸葛亮。プー・ツンツン。

孔明

 知らない人。だけど、金城武よりは孔明合ってるでしょ。

 劉備。ユエ・ホア。

劉備

 知らない人。この作品では活躍の場は無い。自分のせいで民が苦しんでいると悩むシーンしか覚えてないです。

 関羽。ティ・ロン。

ティ・ロン

 どっかで見た顔だと思ったら『酔拳2』のジャッキーのお父さんだったり、『男達の挽歌』シリーズのホー役のティ・ロンじゃないか!!見ないうちにちょっと太ったな笑 ってかまさか関羽なんて重厚な役をやるとは思わなかったので、ちょっと嬉しい。

 張飛。チェン・チーフイ。

張飛

 もっとブ男なイメージのある張飛だけど、意外に格好良い。

 馬超。

馬超

 五虎将として呼ばれて出てくるだけで、次の瞬間には戦死していた。

 黄忠。

黄忠

 五虎将とし(ry

 劉禅。

劉禅

 アホ、じゃなかったね。アト。5分も出てないのにそのクソっぷりがわかる駄目君主でした。

 関羽の息子の関興と張飛の息子の張苞。ヴァネス・ウーとティン・ハイフォン。

馬鹿息子たち

 劇中ほとんど活躍の場が無く、喧嘩ばかりしてて馬鹿息子っぽい描写しかなかったけど、人気のあるアイドルとか配役しているのを見ると、多分日本版では活躍のシーンを削られたんだろうと勝手に予想してみる。こいつらの戦闘シーンとか見たかったけどなぁ。。。



 『レッド・クリフ』程とはいかないまでも、役者はそれなりに豪華だし、合戦アクションもまぁ上手だと思う。音楽も自分としては結構好き。ただ、やはり三国志映画と言うよりもアンディがメイン過ぎてアンディ・ラウによる趙雲伝説と言った映画であり、一昔前の香港映画の邦題化センスだったら『アンディ・ラウの三国志趙雲伝説』とか言う名前になっていただろう。だいたい三国志と言いながら呉は一切出てこないからね。趙雲が好き、アンディ・ラウが好き、サモ・ハンが好き、香港映画が好き、マギー・Qが好き、この辺りのどれか2つくらいに引っかからないと楽しめないかもしれない。自分は楽しめたし、割と上質な映画ではあるんだけどね。

 アンディ・ラウとその部下がとにかく格好良い映画でした。


愛すべき名場面
○趙雲vs張飛、関羽
○趙雲の一騎駆け
○趙雲がカン将軍の息子達を無双するシーン
○趙雲vs曹嬰
○曹嬰が音楽を奏でながらの戦場(趙雲の部下達の散り際)
○芝vsカン将軍

愛すべき名台詞
○我人に背くとも、人我に背くなかれ


評価
★★★☆
(★ 五つが最高。☆は0,5点)

予告編↓ 予告編で「三国志完全映画化」とか言ってるけど、呉すら出ないのにそれは無いだろwww


三国志 コレクターズ・エディション [DVD]三国志 コレクターズ・エディション [DVD]
(2009/07/24)
アンディ・ラウマギー・Q

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/06/30(水) 19:51:06|
  2. 映画-香港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<天使の眼、野獣の街 | ホーム | ロックンローラ>>

コメント

俺は短絡なラブ&ピースのレッドクリフより無常感の漂うこっちの方が好きだな
アンディが最後に自分が初陣を飾った場所でまた戦うことになった時の「結局私の人生はひとつの円を描いただけに過ぎなかった。だが、美しい円だった」みたいな台詞にグッときた

しかしアンディ、物凄くあっさり老けたなw
ええーと思った
更にマギーQのオリキャラの設定にもええー
マギーQ自身は良かったけど
まあ一番ええーと思ったのは趙雲が戦死したことになっている点だが

全体的には題材に対して尺が短いよなあどうしても…と思う
ぶっちゃけこの映画、三国志が題材じゃなくてもいいじゃん!趙雲が主人公じゃなくてもいいじゃん!て思ったけど便乗商売なのかねえ
  1. 2010/07/01(木) 00:03:02 |
  2. URL |
  3. かと #-
  4. [ 編集 ]

不毛

 こっちはひたすら無常で不毛で、終わらない戦いとして描いてますよね。もう孔明も疲れきってる感じでしたし。あの台詞も本当に物悲しい台詞で、『レッドクリフ』では出てこないものでした。描く方向が違ってるんで上手く比べられないですけど、自分もこっちの方が好きです。ただ、「三国志」と言って良いのか疑問ですが。

 五虎将になってからは何も描かれずに一気に最後の戦いまで来ちゃいましたからね。オリキャラ出しまくったりするならいっそそこら辺も無理に活躍させちまえば良かったのにと。20年何してたんだかわからないwww
 三国志って言う戦国物の映画のくせに2時間もありませんからね、やけに早く感じたなと思ったら実際に早かった笑
 完全にレッドクリフにあやかったんだとは思いましたけど、とりあえずこれはもはや三国志では無いですよね。


> 更にマギーQのオリキャラの設定にもええー

 一瞬かとさんが「もえー」って言ってるのかと思い目を疑いましたぜ。
  1. 2010/07/01(木) 21:21:42 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nestofdragon.blog130.fc2.com/tb.php/80-fd351e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

成川ジロー

Author:成川ジロー
暴力は嫌い。
お酒も嫌い。
女性に弱い。
お金は無い。
誠意はある。

評価は
★=1
☆=0,5
五つ星=★★★★★が最高評価です。

yahoo映画も登録してます↓
http://my.movies.yahoo.co.jp/profile-h5Bi36CCZy9hq1y7A4EjP_5.bwtX

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
映画 (7)
演劇 (2)
プロレス (0)
格闘技 (0)
映画-香港 (24)
映画-邦画 (22)
映画-洋画 (33)
映画-その他 (11)
目次 (6)
プロレス-WWE(WWF) (0)
格闘技-ボクシング (0)
格闘技-K-1 (0)
格闘技-総合 (0)
小説 (1)
アニメ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。