成川ジローの愛すべき○○ブログ(ネタバレあり)

管理人である成川ジローが愛すべき映画やアニメを格闘技、プロレスに絡めたりもして語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロックンローラ

邦題『ロックンローラ』
原題『RocknRolla』
2008/イギリス/114分
監督 ガイ・リッチー
出演 ジェラルド・バトラー、マーク・ストロング、トム・ウィルキンソン、タンディ・ニュートン、イドリス・エルバ、トム・ハーディ、トビー・ケベル、ジェレミー・ピヴェン、クリス・ブリッジス、

ロックンローラ

 ワンツーとマンブルズは、地価上昇中のロンドンでひと儲けしようと不動産投資に手を出す。彼らは裏社会のドン、レニーに多額の借金をするが詰めが甘かったために投資は失敗。そんなとき、会計士のステラから 700万ユーロ強奪の話が舞い込む。そこにレニーの右腕のアーチー、取引相手のロシア人、レニーの息子のジョニー、各々の思惑が交じり合い、一枚の絵画を中心に事態は複雑化していくが……。
 
 自分はスタイリッシュな映像と言われると、リュック・ベッソン、ダニー・ボイル、そして今回の映画の監督であるガイ・リッチーの名前が思い浮かぶ。ダニー・ボイルはちょっと特殊な感じはするけど、この人たちの作る映画の絵は本当に格好良い。今思えば全員ヨーロッパの人だ。アメリカ人には難しいセンスなのかもしれない。もちろん日本人にも難しい。クドカンはガイ・リッチーを参考に『木更津キャッツアイ』を作ったらしい。見てないからわからないけど、日本人ができるもんなのか?
 ガイ・リッチーはマドンナとくっついてから一時期落ちたけど、『リボルバー』で半分復活、半分イミフ系となり、この『ロックンローラ』で復活したと言って良いと思う。この作品は『ロック・ストック・アンド・トゥー・スモーキング・バレルズ』や『スナッチ』のレベルには達していなかったものの、本来ガイ・リッチーが持っている映像センスと脚本の妙によって並以上の格好良い映画にはなっていた。

 これまでの作品では群像劇であってもちゃんと主人公を据えていたように見えたが、今回は特に誰か視点であるとか、誰かの描写が一番多いとかが無くて、主人公と呼べるような人が一人ではない群像劇になっていた。
 自分としては主人公は3人(3つの視点がメイン)だったと思う。

 その主人公たち。
 レニーに借金を作ってしまって困るワンツー。ジェラルド・バトラー。

ジェラルド・バトラー

 レニーの息子で「ロックンローラ」のジョニー。トビー・ケベル。

ジョニー

 レニーの右腕のアーチー。マーク・ストロング。
 
マーク・ストロング

 この3人。地味である笑
 ジェラルド・バトラーはもっと派手でごついイメージがあったんだけどな……本来ならこの人が完璧に主人公と言える立場な気がするんだけど、ラスト持ってくのは他の二人だし、やっぱちょっと地味。キャラは良い。真面目で友人にも優しくて(笑)ちょっと間抜け。
 トビー・ケベルは全然知らない役者だったけど、実質この作品はこいつの物語みたいなところがある。物語的にはバトラーよりも重要な気がするんだよね。イカレてんだかまともなんだからわからなくて、でも格好良かった。特にラストの方の見せ場が良い。ヴィジュアル的にも一番ぶっ飛んでるしね。
 マーク・ストロングは前の『リボルバー』でも一番光ってたけど、今回こいつが語り部だったりするし、こいつが最終的に復讐を果たすし、あれ、こいつ実は主人公??って思ってしまう。

 群像劇だからこれで良いのかなとも思うけど、物語を誰視点で追えば良いのかわからなくて途中少し混乱した(^^;


 ヒロインかと思ったけど全然ヒロインっぽくなかったステラ。ダンディ・ニュートン。

ダンディ・ニュートン

 なんとも言えない色気のある人。自分は結構好き。ただ、一回最後まで見て、「あれ??この人どうなったっけ??死んだ???」ってなる。あんまり扱いが良くない笑
 ただ、「ガイ・リッチー作品の面白さは、作品中に女優が出る時間と反比例する」という説もあるので、こんなんで良かった気もする。よくよく考えてみれば確かに『スナッチ』なんか女キャラいたっけ??

 一応三つの勢力に分けて役者を紹介。
 悪い奴勢力のボス、レニー。トム・ウィルキンソン。

トム・ウィルキンソン

 典型的な悪の親玉だった気がする。

 その取引相手のロシア人、ユーリ。カレル・ローデン。

ロシアン

 やけに格好良かったけど、この人も最後どうなった??


 レニーに借金して困る勢力のハンサム・ボブ(右)とマンブルズ(左)。トム・ハーディとイドリス・エルバ。

ハンサムボブとマンブルズ

 マンブルズはあんまり目立たなかった気がするけど、ハンサム・ボブは良かった。ゲイ。でも良い奴!


 ジョニーの勢力。友達っぽいローマン(奥)とミッキー(手前)。ジェレミー・ピヴェンとクリス・ブリッジス。

ジョニーの仲間ローマンとミッキー

 ジェレミー・ピヴェンっていつもちょい役で見かけたりするんだけど、毎回全然違ってわからん(^^;
 クリス・ブリッジスも影が薄いというか、この二人は存在感をジョニーに持ってかれている。マンブルズといい、ミッキーといい今回は全然黒人が目立たなかった。勿体無い。


 こんな人たちがごちゃごちゃと騒動を巻き起こす。
 途中途中やっぱガイ・リッチーは良いわ!って言うシーンがあって、自分がこの人のユーモアセンスみたいの好きだってのを再確認する。

 特に間抜けな車強盗のシーンとか、

車強盗

 間抜けな襲撃シーンとか、

襲撃

 最後の方のジョニーの見せ場とか、

見せ場

 とてもとても良かった。
 襲撃シーンから出てくる二人の殺し屋もかなり良いキャラ。

殺し屋二人
殺し屋1
殺し屋2

 怖いんだかアホなんだかわからないが、襲撃~二人から逃げるシーンは最高に面白い。

 ただ、最高にスタイリッシュなシーンはオープニング。『スナッチ』とかはオープニングから最後までかなりレベルの高いシーンのオンパレードだったけど、今回はオープニングが一番良かったから、ちょっと尻すぼみ感がある。
 最高に格好良いオープニング。

o0.jpg
o1.jpg
o2.jpg
o3.jpg
o4.jpg
o5.jpg
o6.jpg
o7.jpg
o8.jpg
o9.jpg
o10.jpg
o11.jpg
o12.jpg

 画像じゃこの格好良さは半分も伝わらないだろうけど、ベース音が腹に響くカッチョイイ音楽が流れる中テンポ良く役者紹介~物語の背景解説となるこのオープニングは本当に神がかってた。このオープニングだけでも見る価値あり!!


 『ロックストック』『スナッチ』には及ばないものの、ガイ・リッチーのカムバックとして、今後を期待せずにはいられない作品であった。それらが面白すぎるだけで、今作は劣ると言っても並以上にはちゃんと面白い。三部作であるとの噂もあるが、このキャラたちの続編は確かに見てみたいと思う。是非やってほしい。

愛すべき名場面
○オープニング
○間抜けな車強盗
○ハンサムボブとワンツーのデート(笑)
○間抜けな襲撃
○ラストのジョニーの見せ場
○エンディング(リアルロックンローラ)

愛すべき名台詞
特になし


評価
★★★☆
(★ 五つが最高。☆は0,5点)

予告編↓


ロックンローラ [DVD]ロックンローラ [DVD]
(2010/04/21)
ジェラルド・バトラートム・ウィルキンソン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/06/29(火) 16:35:42|
  2. 映画-その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<三国志 | ホーム | Windows5000>>

コメント

俺にとってはリボルバーよりよっぽどおもしろかったのにリボルバーより印象に残っていない、そんな映画でした
キャラが弱いんだよねえ。観る側に新鮮味が無くなってきたせいかもしれんが

リッチー映画って最後の最後にそれまで積み重ねられてきた諸々が一気に弾けて変貌する、そういうところにカタルシスを感じる映画だと思うんだけど今回そのピークがちょっと早かったというか弾けた後にもまだわりと話が続いた点がすっきりしなかったかな。要するに構成が…

正直この映画はあんまり印象に残ってないんだけど、ベッドに寝転がったジェラルド・バトラーがヘッドホンで聴いていた曲が俺の好きだった22-20sというイギリスのブルースロックバンドの曲だったのは嬉しかったな
リボルバーの予告編(日本版だけ?)で同じ曲がイントロだけ使われていて「ガイ・リッチーに22-20sか。合うなあ」と思ったら本編では使われておらずがっかりした思い出があったから本作で使われているのを聴いたときはびっくりした

ちなみにスナッチの女キャラとしてはロシア人のボリスの双子の娘が一応いるでよ
  1. 2010/06/29(火) 22:11:42 |
  2. URL |
  3. かと #-
  4. [ 編集 ]

キャラが弱く見える原因

 『ロックストック』『スナッチ』『リボルバー』はジェイソン・ステイサム(達)って言う見る自分らが感情移入できるというか、最後まで一貫した主人公視点があったんですよね。それが今回、ワンツー視点で追えば良いのかと思ったら、ガイ・リッチー作品の醍醐味であるその、最後の最後に弾けるときに、事実が変貌するときに一番メインなのがそれまで悪人側の右腕にいたアーチーで、いきなり主人公がすげ変わったみたいになる。これがこの作品の欠陥なんだと思います。カタルシスがあるはずが、「え、ワンツーは?」ってなっちゃう。それからは、それまで主人公格だったワンツーの出番がほぼ無くなり、締めもアーチーとジョニーになり、急激にワンツーが脇役化してしまう。ピーク後にわりと話があるのにワンツーはほぼ出てこない。構成がひっくり返されてて混乱してしまいますよね(^^;

 自分の知ってるバンドではないですが、その曲はロシア人殺し屋の二人がパンツ一丁になってワンツーに拷問しようとハイになってた印象が強いです笑
 
 そういえばいきなり双子いてびっくりした記憶あります。目だった出番無くてあんまし意味のあるキャラじゃなかったですけど笑

> 正直この映画はあんまり印象に残ってないんだけど、ベッドに寝転がったジェラルド・バトラーがヘッドホンで聴いていた曲が俺の好きだった22-20sというイギリスのブルースロックバンドの曲だったのは嬉しかったな
> リボルバーの予告編(日本版だけ?)で同じ曲がイントロだけ使われていて「ガイ・リッチーに22-20sか。合うなあ」と思ったら本編では使われておらずがっかりした思い出があったから本作で使われているのを聴いたときはびっくりした
>
> ちなみにスナッチの女キャラとしてはロシア人のボリスの双子の娘が一応いるでよ
  1. 2010/06/30(水) 20:13:46 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nestofdragon.blog130.fc2.com/tb.php/79-74c8e200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

成川ジロー

Author:成川ジロー
暴力は嫌い。
お酒も嫌い。
女性に弱い。
お金は無い。
誠意はある。

評価は
★=1
☆=0,5
五つ星=★★★★★が最高評価です。

yahoo映画も登録してます↓
http://my.movies.yahoo.co.jp/profile-h5Bi36CCZy9hq1y7A4EjP_5.bwtX

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
映画 (7)
演劇 (2)
プロレス (0)
格闘技 (0)
映画-香港 (24)
映画-邦画 (22)
映画-洋画 (33)
映画-その他 (11)
目次 (6)
プロレス-WWE(WWF) (0)
格闘技-ボクシング (0)
格闘技-K-1 (0)
格闘技-総合 (0)
小説 (1)
アニメ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。