成川ジローの愛すべき○○ブログ(ネタバレあり)

管理人である成川ジローが愛すべき映画やアニメを格闘技、プロレスに絡めたりもして語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

機動戦士ガンダム00

 ガンダムは好きだけど、これからさきもう新しいガンダムを見ることは無いだろうなと思う。なんかアニメを見る体力の限界みたいのを感じた。ゲームは結構前にそれを感じてリタイア。もう年なのかもなー。


邦題 『機動戦士ガンダム00』
2007~2008/日本/全50話
監督 水島精二
脚本 黒田洋介
制作 サンライズ、毎日放送
声優 宮野真守、三木眞一郎、吉野裕行、神谷浩史、古谷徹、など

gan001.jpg

 話は西暦を舞台にしたガンダム。現実世界の世界情勢を元にした未来を舞台にし、エネルギー問題での紛争や宗教戦争が絶えず、未だ世界が一つにまとまることの無い状況で、超高性能な人型汎用兵器ガンダムを所有する組織ソレスタル・ビーイングが突如世界中のあらゆる争いに無差別に武力介入を始める。その国を選ばない無差別な介入行為には世界各国は皮肉にもソレスタル・ビーイングに対抗するためにまとまっていくのだが、そこに様々な人間の思惑が絡み合い……。

 たぶんこんな感じの物語だった。色んな伏線が隠されたまんま終わったから劇場版で何かしらまたやるんだろうけど、アニメ全編を通してのテーマは復讐と暴力の螺旋。まあ人間にとっての一生のテーマです。人類の課題。ニーチェも言ってたけど、これに明確な答えと行動が出せるようになったら、人間は超人になります。いや、答えは出てるのか。復讐と暴力の螺旋を断ち切る答えは「許す」ことなんだけど、「許す」ことを他人に強要することは自分にはできない。これは自分自身で「許す」に到達しなきゃいけない。こんなこと言ってる自分も「肉親が殺されたら武器を取る」タイプである気もするから、それを実際に行動するのは本当に難しいし、全ての人が「許す」を実践するのはまず無理でしょう。どんな人でも基本的に復讐にとりつかれているのだから。これもニーチェですけどね。ごもっともなんだよね。

 だから問題は理屈でなく行動の方。とりあえず自分が生きている間の時代では無理でしょうけど。ほんとにニュータイプっていうお互いの伝えたい事が精神面でダイレクトに伝えられるエスパーのような人類の変革があったら、どうにかなるのかもしれない。まぁ結局ニュータイプって言っても戦争の道具に使われるだけの存在ってアムロだかシャアだかが言ってましたけどね。
 この作品内でも途中から刹那がニュータイプ能力みたいなのに覚醒して『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』で言うサイコフレームの共振をやりまくる。それで色んな問題が解決していく様を見て『ピューと吹く!ジャガー』の17巻のスーフォーの回を思い出した。なんか知らんが身体に限界が来ていたラッセというキャラも全快したし、便利な能力だな。まあそれらGN粒子のスーフォー的効果は自分は別に良かったんだけど、最後のソレスタル・ビーイングの扱いが不満。普通に存在してるし。確かに存在してないと劇場版にいけないから、劇場版が本当の最終回って形になるのかな?だとしたらまだここで不満を言うべきじゃないんだけどさ、こいつらの暴走は誰が止めんのよ?『新機動戦記ガンダムW』の後日談では同じ疑問に「俺たちの暴走は俺たちが止める!」みたいなこと言ってたんだけど、そりゃ答えになってないでしょよ。だから「刹那がニュータイプになったしスーフォー(GN粒子)もあるからまあいっか」としか言えない。このままでは駄目だよなぁ。。。



 一期を見たのは2年くらい前だった気がするから、二期を見るにあたってどのキャラが生きてて死んでてを忘れてて、この人どんな設定だったっけ??という混乱もあったけど、格キャラが記憶してた以上に成長してめんどくさくなくなっていた人が多くて、一期よりも楽しめた。

 一期は、まぁ仕方なかったのかもしれないけど、主人公のガンダムのパイロット4人のうち2人が頭が悪いのが目立ってイライラした記憶がある。
 あと変に今の世界と絡ませたところがあって、「リアルIRAとSASがソレスタルビーイングを打倒すると言う目的で一致して停戦」みたいな事を作品内のニュースで言ってて、こういうのが何か嫌だった。

 二期は一期の4年後から始まってて、一期の間に主人公たちもちゃんと成長してたらしく、ある程度のめんどくささは無くなっていた。刹那とティエリアが大分まともになって話がスムーズに進む。サジとルイスが面倒と言えば面倒だけど、むしろこいつらが裏主人公と言うか、一期では傍観者だった二人が巻き込まれて、戦場に出て、特にルイスが自分のしていることの矛盾に気付いていくってのは必要な部分だから良し。そこら辺の描き方は良かったと思う。だから二期では主人公側のキャラにあんまり不満は無かった。アレルヤとソーマもささっとやってくれたので良い。あれいじょうグダグダやられたら最悪だったけど。ロックオンが双子って言うのはちょっと問題か。


 敵キャラには欠点があったと思う。ちょっと主要な人たちを一人ずつ解説していく。

○ワン・リューミン
 敵じゃないのかもしれないけど、この人は自身が結局何がしたかったのかわからなかったって言う結末だし、打ち切りみたいに急いで話から消えて、しかもソレスタル・ビーイングの人たちも何も気にしてなかった……一番可哀想なキャラかもしれない。どうせならリボンズすらも操ってた一番の黒幕とかにして欲しかった。もしくはティエリアみたいに『宝封演技』のダッキの様な存在になるとかしてほしかったな。

○ネーナ・トリニティ
 まず一期を生き残ってた記憶が無かったし、二期で出てきてもほとんどのキャラに絡んでもらえず、ルイスのためだけに死んでいった。兄貴たちの死に様は好きなんだけどね。どうせならこいつもアリー・アルサーシェスに殺された方が良かった気が……でもそうするとルイスが復讐を果たしてないことになるから、これで良かったのか。

○イノベイターたち
 敵の強化人間みたいな人たち。自信満々で出てきた割には負け戦を繰り返し、ろくな戦火を上げたのはスパイ活動時にオーライザーのコクピットを破壊したくらいで(まあそれも修理が間に合っちゃったから意味無かったけど)、他は本当に負けっぱなし。それでも何故か「自分たちは人間の上位種だ!」みたいな事を言って自信満々なまま少しずつ負けて殺されていく……狂信者染みてたな。おー怖。自分たちの敗戦や失敗から何も学び取れないこいつらはどうみても馬鹿。腐った軍人代表みたいな脇役のアーサー・グッドマン准将よりも劣っている。頭が悪すぎて話しにならないタイプ。
 ってか脱出装置みたいので毎回逃げてくのは面倒だった。あんなん逃げ切れる訳ねえだろ。

○イノベイターたちのボス
 なんかもう明らかに不慮の事態が起きまくってて自分の予想から外れちゃってるのに人類よりも上位種だとか根拠の無い余裕を見せまくってて、小物臭がぷんぷんした(笑 とりあえずお前ら自分の失敗や間違えを認めてそこから学べよ!!人類の上位種がなんでそんなにプライドだけ高くなっちゃったんだよ!?
 最後に「リボンズ・キャノン」とか言って自分の名前を機体に付けて出てきたときには吹いた。ネタキャラだったのかな?
 なんで古谷徹は名前変えて声あててるんだ?

○アンドレイ
 ロシアの熊さんの子供。こいつ軍人のくせに、一期のときは何処にいたんだ……??悪い人ではない。


○アリー・アルサーシェス
 一期で活躍しすぎたせいか、二期では脇役。もっと強かった気がするけど、スーフォーには敵わない。

○ミスター・ブシドー
 凄い良かったけど、最後の戦で活躍してほしかった。

○カタギリ
 技術屋が最前線に出てきたwwwってかこの人とスメラギさんの結末は強引過ぎるだろ。

○パトリック・コーラサワー
 最高だった。この人がいなかったらこの作品は駄作だっただろう。


 基本的には『新機動戦記ガンダムW』をなぞって、周辺を色々ちゃんとした感じ。それに今までのガンダムシリーズの演出とかを丁寧にオマージュしたりしてる。だから絵は綺麗で音楽も動きも良いんだけど、あんまり真新しさは無かったかな。それでも真新しさもテーマも無く絵もガタガタで使い回しばかりで物語はテロリスト宗教ラクス様万歳みたいな『ガンダムSEEDディスティニー』よりは圧倒的に面白い。最後の最後でエクシアで戦うのも良かったな。コクピットから花が落ちるのはF91みたいに漂流する刹那をフェルト辺りが発見するって展開かと思ったけど違った。ってかヒロインはマリナか。めんどくさい事を何もしないヒロインって良いもんだね。



愛すべき名場面
○最後の最後でエクシアと0ガンダムが戦うシーン
○振ってくる破片を破壊するために一つになる『逆シャア』のオマージュシーン。

愛すべき名台詞
○コーラサワーの馬鹿な台詞ほとんど

評価
★★★☆
(★ 五つが最高。☆は0,5点)

スポンサーサイト

テーマ:見たアニメの感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/05/26(水) 17:53:14|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<殺人狂時代 | ホーム | ザ・ミッション 非情の掟>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nestofdragon.blog130.fc2.com/tb.php/55-c8fa7b0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

成川ジロー

Author:成川ジロー
暴力は嫌い。
お酒も嫌い。
女性に弱い。
お金は無い。
誠意はある。

評価は
★=1
☆=0,5
五つ星=★★★★★が最高評価です。

yahoo映画も登録してます↓
http://my.movies.yahoo.co.jp/profile-h5Bi36CCZy9hq1y7A4EjP_5.bwtX

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
映画 (7)
演劇 (2)
プロレス (0)
格闘技 (0)
映画-香港 (24)
映画-邦画 (22)
映画-洋画 (33)
映画-その他 (11)
目次 (6)
プロレス-WWE(WWF) (0)
格闘技-ボクシング (0)
格闘技-K-1 (0)
格闘技-総合 (0)
小説 (1)
アニメ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。