成川ジローの愛すべき○○ブログ(ネタバレあり)

管理人である成川ジローが愛すべき映画やアニメを格闘技、プロレスに絡めたりもして語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サンダーアーム/龍兄虎弟

 記憶に残っている限りの話だが、物心がついて初めて見た映画がこれ。小さい頃は、これと『グーニーズ』とドラえもんの映画ばかり見ていた。当たり前だけど冒険物が大好きでインディ・ジョーンズよりもアジアの鷹が肌に合っていた。それから少し大きくなってからは『プレデター』もよく見るようになっていたから、そのときから今の自分のような人間になる素養ってのは確実に蓄えられていっていたんだなと思う。

 なにはともあれ、この映画は自分の原点の一つなのである。


邦題『サンダー・アーム/龍兄虎弟』
原題『龍兄虎弟』英題『The Armour of God』
1986/香港/98分
監督 ジャッキー・チェン
出演 ジャッキー・チェン、アラン・タム、ロザムント・クワン、ローラ・フォルネル

サンダー・アームパッケージ

 アジアの鷹と呼ばれる凄腕のトレジャー・ハンター、ジャッキー(ジャッキー・チェン)。彼は「聖なる遺品」と呼ばれる6種類の武具のうち、その一つを探し当て、競売にかけていた。そんなジャッキーの噂を聞いた、「聖なる遺品」を集めている宗教団体の幹部は、ジャッキーの昔の恋人、ローラ(ロザムント・クワン)を人質に取って、全ての「神聖なる遺品」を集めようと考える。ローラは誘拐され、ジャッキーの幼馴染で現ローラの恋人でもある歌手のアラン(アラン・タム)は脅され、ジャッキーに頼み込み、ジャッキーは「聖なる遺品」を持つ伯爵と、競売で「神の秘宝」を買い取ったメイ(ローラ・フォルネル)を訪ねていくが色々あって、その宗教団体のアジトにジャッキーとアランとメイで潜入し、ローラを助け出そうとする……。というあらすじ。

 役名が実名だったり、なのにヒロインの名前がローラで、もう一人のヒロインの実名がローラだったり、邦題と原題と英題がバラバラだったり、「龍兄虎弟」というタイトルからすると、ジャッキーが龍だとして、何かもう一人虎をポジションの強い奴が仲間として出てきそうだけど、そんなこともなくてタイトルの意味が全然わからなかったり何か変な気がするけど、とりあえずジャッキー・チェンのアクション冒険活劇。

 ジャッキーがニュースタイルの髪型でどこぞの原住民たちと戦って「聖なる遺品」の一つを奪うところから映画は始まる。

 新髪型

 髪の毛が短くて新鮮。何故かオープニングだけなんだが。槍とか石斧を武器にする原住民相手に、ジャッキーは基本素手で戦う。

肌を黒く塗った中国人との噂

 ちなみにこの原住民たちは肌を黒く塗った中国人だという噂が流れてるが、真相はわからない。そんな気がしないでもない(^^;
 基本的にジャッキーは逃げるんだけど、ここのシーン。

成功カット

 木の枝に飛び移るシーン。これは成功カットだけど、エンディングのNGシーンを見ればわかるとおり、一度は捕まった枝が折れてしまい落下。頭から落ちて首の骨を折ったと自分は親から聞いたけど、本当は頭蓋骨骨折で、ジャッキー死亡説が出るほどやばかったらしい。普通の人だったら死んでる……。治ってからもう一回やり直すってのは、本当にタフだなぁ。

 アクロバティックな動きで原住民から逃げて、斜面をすべり降りるのだが、その斜面の角度は地味に凄い。

何気にすごい斜面

 これ滅茶苦茶スピード出て危ないだろ!って思ってたら、案の定ジャッキーを追ってきた原住民たちは狭まるところで衝突してました。なんという交通事故!

交通事故

 これスタントマンも怪我したんだろうな……。

 そんなオープニング終わると、急にアイドルグループが唄ってる映像が流れる。

アイドルのジャッキー

 よく見るとジャッキーとロザムンド・クワンが写っているのだが、なんというアイドルwww
 「何だ これは?」と普通は思うだろう。大丈夫。敵のボスもそう思ってらっしゃる(笑

敵のボス。そりゃ怒る

 邪教団体の教祖様。なんだけど流石の教祖様もびっくりである。なんかこいつらが集めてる「聖なる遺品」の会議をしているときに幹部の一人が見せたっぽい。

中ボスみたいの

 たぶんこの人がジャッキーを利用する算段を頭の中に描きながら「教祖様、まずこれをご覧ください」とか言ってもったいぶって見せたんだろうな……どういう理由だかはわからないが、たぶんこの宗教団体が真剣に必要としている「聖なる遺品」をどう集めるかの会議の場でいきなりこんなアイドルビデオ見せられたらそりゃ怒るよ!!
 でまあなんとかジャッキーを利用しようって事になって、ローラを誘拐する。

 アラン・タムのライブシーンとクロスして誘拐シーンが描かれるんだけど、その歌も格好良いが、誘拐シーンもその歌に合わせて、ローラのいるファッションショーの会場にAK47で武装して突撃。ガードマンと自分らの姿をカメラに収めたカメラマンを皆殺しにして帰るというとんでもないことをやりやがった。

結構な組織力

 もう完全なテロリストだ。これのシーンのせいで最近テレビ放送されないのかな?って思う。中東系ではないにしろ、宗教団体によるテロだからねこれ……(^^;
 とりあえずこの組織が結構危ない上にデカイ組織だって言うことがわかった。

 さらわれたのが今回のヒロインの一人。ローラ。

ロザムント・クワン

 みんな知らないだろうけど、たぶん香港じゃ滅茶苦茶有名な女優ロザムンド・クワン。これ以外にもジャッキー映画に出てきてヒロイン(?)を何度か演じてる。まあマギー・チャンが一番多くヒロイン演じてるんだろうからジャッキー映画のヒロインっていうイメージでは敵わないけど、この人の凄いところは、リー・リンチェイ(ジェット・リー)の映画のヒロインも演じていると言うところ。ワンチャイシリーズのヒロインと言えばこの人です!たぶんリンチェイのヒロインを演じた回数は最多だと思う。結構凄い人なのです。おそらくジャッキーとリンチェイの両方の映画でヒロインやってるのはこの人だけじゃないだろうか??

 一方ジャッキーは無事持って帰った「聖なる遺品」を競売にかけ、謎の美女メイに落札された後、幼馴染のアランに呼び出される。

 今回のもう一人のヒロイン、メイ。

ローラ・フォルネル

 演じているのはローラ・フォルネル。『スパルタンX』でもヒロインでした。二度目のヒロイン。なんかジャッキーは手を出したことがあるという噂(笑 イマイチ影が薄い。もうちょっと活躍させても良かった気がする。

 ジャッキーの幼馴染で今のローラの恋人のアラン。

アラン・タム

 演じてるアラン・タムも香港ではかなり有名人。日本に入ってくる香港映画ではほとんど見たこと無いけど、俳優と言うよりアイドルで香港のスーパースターである。カンフーはできないから弱いけどね。でもこのジャッキーとアランの、ローラ取り合ったこともあって遺恨もあるけど腐れ縁で、仲が良いコンビ。片方が有能で片方が無能なんだけど憎めないタイプのコンビ。嫌いじゃないな。

 アランからローラが誘拐された事を聞かされ、とにもかくにも「聖なる遺品」を探す事に。「聖なる遺品」コレクターの一人伯爵の家に行ったら、アランがポカして警察を呼ばれそうになる。だが、ジャッキーは「聖なる遺品を借りるが、返すときには全部そろえて返す」と約束し、しかも競売で落札したメイはその伯爵の娘で、メイもついてくることになり、3人で邪教集団のいる土地へと向かう。

 邪教団体の奴を見つけて話を聞きだそうとするも戦いになり

この後デッドヒート

 追いかけたら逆にその土地の大量のギャングチームを投入され、バイクや4WD車に追われて逃げることに。
 ここのカーチェイスは何気に派手。

飛ぶ

 めっちゃ飛ぶ!
 ジャッキーの車はターボ搭載で、しかもなんと小型メカに分離可能!!

これに憧れた

 これに小さい頃は滅茶苦茶憧れたなー。
 これで脱出したあと、なぜか敵の車が逃げた後の空の車に突っ込んでいって橋の真ん中で爆発して、ジャッキーとアランが大喜びする。……よくよく考えたら明らかに人死んでるぜ。。

 その後、3人で邪教集団のアジトの潜入。敵の考えもあってあっけなくローラを助け出すことに成功する。
 一週間に一日街の女たちを集めて性の祭みたいのがあるらしいこの宗教団体。

怪しい宗教団体

 街の人もこの団体が危ないことに気付けよ!!ってか週一でそんなことしてたら気付くだろ!!!レストランのオカマ店員が「お金を落としてくれる。気前が良い」みたいなこと言ってたけど、たぶん街に麻薬ばら撒いてるぞ!絶対こんなん近くにいたらやばいでしょ……オウムと同じだよ。「聖なる遺品を」集める理由が世界征服とか言うのもなかなかきてるしね。

 とりあえず、ローラは命令に服従してしまう怪しげな薬を打たれ、ジャッキーをさらってくるはずが、間違えてアランに薬を打って、アランをさらってしまう。ジャッキーはアランとローラを助け出すため、メイに協力を頼み、再び単身で邪教団体のアジトへ!!
 ……ジャッキーを利用して「聖なる遺品」を集めるために、ローラをさらって、ローラを一度返してローラにジャッキーをさらわせる……邪教のトップの人の考えることはよくわからんですわ。

憧れた

 潜入する道具セット。これらをテンポよくかちゃかちゃと組み立ててラベリングして潜入するジャッキーは本当に格好良い。憧れ。
 潜入するジャッキー。

潜入するジャッキー

 気付かれずにローラとアランを助け出すが、アランのポカでアランだけ敵の食堂に落ちてしまう。護身用にアランにナイフを渡して、「ナイフなんて何につかう?」と聞かれたときに口では「自殺でもしろ」と答えるが、決して見捨てないジャッキー。丸太に酒をこぼし、火をつけてアランを救出!

火の棒

 アランとローラを逃がした後、ジャッキーは食堂にいた大勢相手に一騎千等の戦いぶりを見せる!

ローキックコンビネーション

 ローキックコンビネーション!

対多数

 対多数戦が神がかってる!!

スネで受身

 画像だとわかりにくいけど、これあのジャッキーのアイドルライブ映像を教祖に見せた幹部の人です。ジャッキーにやられ、その場で一回転してテーブルの角にスネで着地してそのままもう一回転して倒れる。やられっぷりが凄い。スネ滅茶苦茶痛いだろコレ……確か名のある格闘家の人だった気がする。

ジャッキー無双後

 大暴れした後。まさにジャッキー無双!!

 ジャッキーはもう一つの仕事、「聖なる遺品」の収集も忘れずに行おうとしたところ、教祖の待ち伏せに合い、4人のアマゾネス軍団と戦うことに。

亜マゾネス軍団

 みんな女性格闘家らしい。こいつらがまた強くて、ジャッキーは女だから手加減しちゃってボコボコにされる。どうにか相手の動き憎い地形で個別撃破していく。
 ここのアクションもまた凄い。ジャッキーも凄いんだけど、相手が凄い。スタントマンだと思うけど、相手のやられ方がかなり危険。良い仕事してますわ。

 アマゾネス軍団もやられてしまったが、教祖はさらに大量の人員を隠していた。ってか自分らのアジトなんだから誘拐するときに使ったAK47使えと。

 タフなジャッキー

 そんな中でも余裕なジャッキー。なんでかっていうと秘密兵器。

ダイナマイトジャッキー

 ダイナマイトを全身に巻きつけていた!!
 ここのやりとり好きだな。

教祖「点火するならしてみろ。我々は神に命を捧げた身だ!死など怖くない!」
ジャッキー「あっそう。じゃあ付けるよ!」(つけるまね)
教祖「ぬお!?」

 みたいなやりとりが何回か。おもしれえwwこいつらアホやwww
 
 しかし何度かつけて消すという動作をやっていたら、消したつもりが付いててジャッキーだけ気付いてなくて

ジャッキー「お前らも命は惜しいだろ!」
教祖「いかん!逃げろ!!」
ジャッキー「どうした?」

 とか言うやりとりで教祖が颯爽と逃げ出すのが面白くて仕方が無い(笑

 その後そのダイナマイトが爆発しまくって、組織のアジトは岩山の洞窟とかを改造して作ってあるから思いっきり崩壊して、おそらく組織は壊滅。ジャッキーは断崖絶壁から、おそらくメイに頼んであった気球(何で頼んだのかもどうしてそれにローラとアランが乗ってるのかも全然わからないが)にダイブして合流しておしまい。そのダイブするシーンは画面のアスペクト比によっては右下だかどっかに木が見えてた気がした。ちゃんと隠せよ笑

飛ぶジャッキー

 ……「聖なる遺品」は?(^^;


 今見ると宗教団体のやからを中心に突っ込みどころがありすぎる作品だが、それ以上に全編通してジャッキーの格好良さが光る。めちゃ格好良い。こんなもん幼少時に見たら憧れるのは当たり前だよね。世界を飛び回るトレジャー・ハンター、アジアの鷹。その設定は今でも凄い格好良いと思ってしまう。自分の好きなゲーム『九龍妖魔学園紀』でも「アジアの鷹」は結構ランキング上位のトレジャー・ハンターだった(笑 このキャラクターは良かったらしく、そのままのキャラクターで続編も作られた。怪我の功名って奴かな?アクションはどれも凄いことやってるんだよね。当にここらへんの時期のジャッキー作品は神がかってる!!

 欲を言えば、アマゾネス軍団の後さらにベニー・"ザ・ジェット"・ユキーデやディック・ウェイのような強い奴と一騎打ちして欲しかったかもしれない。あと出来る限り脚本に整合性をつけてね笑
 
 このジャッキーが、自分の憧れ。
 このジャッキーが、自分の原点。
 見てもらえば、自分がどういう人間か少しわかるかもしれない。

 自分にとって思い入れが深すぎる、愛すべき作品の一つである。ジャッキーを語る上でと言うより、自分を語る上で外せない(笑


愛すべき名場面
○オープニングの原住民との戦いとアクション。
○カーチェイス
○ジャッキー無双
○対アマゾネス
○ジャッキーの気球へのダイブ
○NGシーン

愛すべき名台詞
○へへっ、わりぃ!
○俺が信じてるものはコレ。ゲンナマ。
○はいやー!!!!


評価
★★★★☆
(★ 五つが最高。☆は0,5点)

なんか変な予告編↓


サンダーアーム / 龍兄虎弟 デジタル・リマスター版 [DVD]サンダーアーム / 龍兄虎弟 デジタル・リマスター版 [DVD]
(2005/06/24)
ジャッキー・チェンアラン・タム

商品詳細を見る




P.S.
 ちなみにこの映画はエンディングテーマが2種類あるっぽい。DVDに入ってるのは自分が見まくって記憶していたのとは違った。
 
 これがDVD収録のエンディング・テーマ。




 これが自分の記憶しているエンディングテーマ。



 知ってる人に聞かせたくてわざわざyoutubeにアップしました。こっちの方が格好良いよね!やっぱり木が見えてるけどね!!
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/05/13(木) 20:37:25|
  2. 映画-香港
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ハードボイルド/新・男たちの挽歌 | ホーム | スモーキン・エース2/アサシンズ・ボール>>

コメント

ダイナマイトを身体に巻きつけてる写真集あったらいいな。
最後に見た「ダイナマイトを身体に巻きつけてる人」を思い出せないや。
  1. 2010/05/14(金) 19:45:41 |
  2. URL |
  3. たけだH #-
  4. [ 編集 ]

そういえば

なんか一昔前は漫画とかでも結構ダイナマイトを身体に巻きつけている人とか見た気がするけど、最近は見ないな……もうダイナマイトって古いのか……俺はキャラだけどワンピースのチョッパー編の良い大臣が最後かな。

ってかその過激な写真集は確かに見たい笑
  1. 2010/05/14(金) 20:47:23 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

ダイナマイト!

映画の中で髪型が変わるジャッキー。
まあ、仕方ないですね。
アマゾネス軍団との闘い。大迫力でした!
彼女達は本当に強い。
また、彼女達をこう言う場面に持って来た企画が良いです。
アランはカンフーは全くできない。それをまたうまく生かした演出をしていました。素晴らしい映画です。
だけど、この映画を見るのは辛い。
なぜか?
大失恋をした後に、ジャッキー大怪我のニュースを知った。
そして、この映画が公開されて、別の女の子に「サンダー・アームを見に行こうよ。」と言ったら断られた。
映画は公開当時の思い出を蘇らせる効果があります。個人的な事情ですみません。

ところで、ジャッキーはローラ・フォルネルやロザムンド・クワンに手を出したと思われますが、アマゾネス軍団には手を出したのでしょうか?
  1. 2011/01/27(木) 19:14:19 |
  2. URL |
  3. 蟷螂の斧 #hOLFcCXo
  4. [ 編集 ]

>>蟷螂の斧さん

 自分は結構最初のジャッキーの髪型格好良いと思うんですよね、なんか若々しい感じで。
 アマゾネスの人たちの戦いは色んな工夫がされてますよね。アマゾネスたちのコンビネーションは本当に痛そう。ジャッキーが有利になる展開とかもちゃんと考えられていて本当に素晴らしいと思います!

 アランが弱いのに格好付けるところがまた面白いんですよね。

 自分にとってのこの映画は、初ジャッキーであったのもあって、自分の原点であるので、何度でも童心に戻って見れちゃうんですよね。そちらの事情は……確かに辛い思い出ですね(^^; でもジャッキーに罪は無いって事で!楽しんで見ましょうよ!!

> ところで、ジャッキーはローラ・フォルネルやロザムンド・クワンに手を出したと思われますが、アマゾネス軍団には手を出したのでしょうか?

 流石にそれは無いんじゃないでしょうかねwwwローラもロザムンドも他でも共演してたりしてますし、ヒロインポジションだったりしますから。アマゾネス軍団の人たちにまで手を出していたら、もうそれは別の意味で尊敬です!笑
  1. 2011/01/31(月) 20:55:48 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nestofdragon.blog130.fc2.com/tb.php/48-6018750c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

成川ジロー

Author:成川ジロー
暴力は嫌い。
お酒も嫌い。
女性に弱い。
お金は無い。
誠意はある。

評価は
★=1
☆=0,5
五つ星=★★★★★が最高評価です。

yahoo映画も登録してます↓
http://my.movies.yahoo.co.jp/profile-h5Bi36CCZy9hq1y7A4EjP_5.bwtX

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
映画 (7)
演劇 (2)
プロレス (0)
格闘技 (0)
映画-香港 (24)
映画-邦画 (22)
映画-洋画 (33)
映画-その他 (11)
目次 (6)
プロレス-WWE(WWF) (0)
格闘技-ボクシング (0)
格闘技-K-1 (0)
格闘技-総合 (0)
小説 (1)
アニメ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。