成川ジローの愛すべき○○ブログ(ネタバレあり)

管理人である成川ジローが愛すべき映画やアニメを格闘技、プロレスに絡めたりもして語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第9地区

 SFでエイリアン物というジャンルはB級も面白いしA級も面白い、老若男女どこにも限らず惹きつける魅力を持っている、とても面白くなりやすいジャンルの一つであり、所謂ロマンがある。自分も例に外れず大好きで色んなエイリアンものを見たり読んだりしてきた。
 特に映画では『エイリアン2』『プレデター』は大好きで、PCのFPSゲーム『エイリアンvsプレデター 2』という、『エイリアン2』の世界観で、宇宙海兵隊、エイリアン、プレデターそれぞれを操って他の種族と戦い、目的を達成すると言う夢のようなゲームがあり、英語字幕英語音声版しか出てなくて、何を言ってるのか半分以上をわからないけれど、そこは「愛」でカバーして物語をなんとなく理解しクリアした。そう。SFエイリアン物にはロマンがあり、それをメイクやCGの力をフルに活用して実写化した映画というものは本当に愛すべき作品だと思う。駄作もたくさんあるが、それだけ愛されているということでもあるのだろう。
 そこで今回紹介する『第9地区』。これはこれまでのエイリアン物の常識を覆した、斬新でユニークな映画であると言う。

邦題『第9地区』
英題『District 9』
2009/アメリカ/111分
監督 ニール・ブロムカンプ
出演 シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド

第9地区

 まず、そのエイリアン物の常識を覆したという仕掛けだが、この映画のエイリアンは、地球に攻めに来た訳でもなく、狩りをしに来た訳でもなく、人間がそのエイリアンの縄張りに入っていって襲われる訳でもない。突如アフリカのヨハネスブルグ上空に現れた巨大な宇宙船

宇宙船

 自ら何か動きを見せるわけでもなく空中で静止していて、地球側は初めてのエイリアンとの接触に神秘的な何かを期待して団結してチームを送り込み、壁を空けて入ってみると、そこにいたのは栄養失調で死に掛けていた大量のエイリアン。この宇宙船は難民船だったのだ。調査隊が入っていき、エイリアンを最初は手厚く保護し、宇宙船の真下にエイリアン居住地を作るが、元気になった多すぎるエイリアンは少なからず人間と問題を起こし、エイリアンたちの武器が発見されると地球側も警戒し、保護の限度もあり、あっという間にエイリアン居住地《第9地区》はスラム化してしまい、エイリアンを相手に違法な商売をするギャングが蔓延り、民間人は近づくことなく、むしろ治安の悪化から立ち退きを求める運動が頻発するような場所になってしまった。
 その《第9地区》の担当責任者になることになったMNU(MULTI-NATIONAL UNITED)のヴィカス が現地での立ち退き通達活動をしている途中に起きてしまった事件をドキュメンタリータッチで描く。

 今までに無かったエイリアンとの接触のアイディアと、実際にエイリアンがこういう目的で地球に来てしまったらこうなるというようなシミュレーションはとても興味深く、リアリティがあり、それでいてツボを抑えたガジェットなどによりそこはかとなく超上質なB級臭を漂わせている。たまらない人には本当にたまらない。ロマンがある。

 物語の流れ、結末については、エイリアン物に少しでも興味があると言う人には是非とも劇場でみんなに見てほしい映画であるので、あまり語るつもりはないが、個人的に思ったことは、前半こそ評判どおりのドキュメンタリータッチの、これからどうなっていくのかわくわく感がたまらない展開だが、後半はもう何かが爆発してしまって熱い!!素晴らしい!!!なんだろ、『クローバーフィールド』+『エイリアン・ネイション』って感じかな。たぶん『エイリアン・ネイション』なんて、特に自分よりも年下の人はほぼ知らないだろうけど、あれはあれでもろBだけど中々面白い映画だった。
 前半のロマン!!後半のロマン!!多少質の違うものだけど、これは本当に映画館で楽しんでほしい。こういうの、本当にたまらねえ!!


 あと、キャラクターにも触れておこうか。
 主人公、ヴィカス。
三人組

 左の人。誠実で真面目なサラリーマンタイプの人。運が悪いかわいそうな人だが、最後の方は熱かったね!
 真ん中の人は、ヴィガスの部下。良い人。とても良い人!
 右の人は常に付いているボディガードみたいな人。基本この3人組でエイリアンたちに立ち退き勧告をしていく。まぁ立ち退き勧告って言っても、銃を突きつけて脅すんですけどね(^^;
 このエイリアンたちは銃で簡単に死にます。

立ち退き交渉

 立ち退き交渉中のヴィカス。クソ真面目にはりきって仕事をこなしてる感じで面白かった。エイリアンの造詣は、海老と呼ばれているが、自分にはむしろバッタに見える。仮面ライダーに近い造詣じゃね?

 エイリアンの一人。クリストファー・ジョンソン。

クリストファー・ジョンソン

 こいつは裏主人公。良いヤツ。こういう名前が付いてるあたり、なんか『エイリアン・ネイション』っぽさがあるんだよね。


 エイリアンの武器。

武器

 こういうものにね、自分はロマンを感じざるを得ない!!画像の武器よりも、連射式の銃の方がかっこよかったな。あとあのマシーンね!最高でしょ!!武器の試射シーンもあったんだけど、あそこはちょっとグロテスクな事があるんでなんとも……。


 エイリアンの武器の威力が凶悪なのと、人間がエイリアンを普通に殺すシーンが多いので結構グロいので、そういうの苦手な人は注意が必要。

 ロマンに溢れた愛すべき映画。監督も俳優も有名な人が出てるわけじゃないけど、出さないで正解。こういうので有名な役者一人だすと、むしろしらけるからね。演技も別に問題無くむしろ良かったと思うし。主人公と傭兵の隊長は凄い良かったね。全体的に説明不足感が少しあった。もっと知りたい気にさせる。MNUっていう組織のことも、エイリアンたちの言語のことも、遭遇時にも流石にもっと何かしらあっただろ絶対。
 これもPCでのFPSゲーム化を願う。絶対に面白い。この事件のちょっと前から、この映画の後日談になる3年後くらいまでをきっとゲームにすると凄い面白いと思うんだよね。勿論人間側エイリアン側両陣営からの視点で。そしてできれば日本語字幕版を出してください。


愛すべき名台詞
特になし

愛すべき名場面
○前半の立ち退き勧告シーン。
○無双!

評価★★★★★
(★ 五つが最高。☆は0,5点)

予告編↓


スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/05/02(日) 20:36:08|
  2. 映画-洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<気になる映画2 | ホーム | バス男 Napoleon Dynamite>>

コメント

エイリアン別に老若男女一般には受けねーよw
それはともかく最近ようやくエイリアン一作目観ました
エイリアン・ネイションてどんなん?

第9地区は今年の新作の中では個人的に一番おもしろかったなあ。N澤氏も褒めていたが
個人的には藤岡弘探検隊→アバター(観てないけど)→ガンダムとか日本のマンガ・アニメみたいな、ジャンルミックスというかいろいろな既成のものをうまく取り込んでアレンジするそのセンスが抜群にいいなと思った
脚本は粗もあるけどB級だからそれでよし!という気にさせるしアパルトヘイトで差別されていた南アの黒人たちが今度は差別する側にまわるっていうのも何気にアフリカの部族間闘争なんかを彷彿とさせて上手い
主演の人は本業は監督とかプロデューサーらしいね
  1. 2010/05/03(月) 00:23:01 |
  2. URL |
  3. かと #-
  4. [ 編集 ]

同じく老若男女には激しく反対。
気持ち悪い、馬鹿っぽい、
ドンパチだけ、オタクっぽい・・・というイメージ。
いくらでも、老女排除要素はあると思うよ。


前半は「こいつらキモっ」って、
差別しちゃうように。
後半で「人間ヒドっ」って
エビに同情させるように。
という観客を逆転させる作りがうまい。
映画の前半で差別してただけに、
深く考えさせられる。

今、思ったのは、
このエビちゃんは
元の星でも差別されてた人種なんじゃないかと、
だから知能低いし、乱暴だし。
で、隔離政策として別の星つまり地球に
送られたんじゃないかなと思う。
だから星には帰れないし、
地球でも移住させられるのを拒むのは
隔離されることにトラウマがあるのでは。


ご存知かもしれませんが↓
http://www.imfdb.org/index.php/District_9
  1. 2010/05/03(月) 03:11:08 |
  2. URL |
  3. にし #-
  4. [ 編集 ]

まずお二人に

言葉足らずでした。SFのエイリアン物の「映画」っていう意味でなく、思いっきりジャンルそのものの、しかも文学の方のイメージで書いてました(^^;

最近親父がジェイムズ・P・ホーガンの『星を継ぐもの』っていう小説を買ってきて、裏に書いてあるあらすじ紹介が
「月面で発見された真紅の宇宙服をまとった死体。だが綿密な調査の結果、驚くべき事実が判明する。死体はどの月面基地の所属でもなければ、ましてやこの世界の住人でもなかった。彼は五万年前に死亡していたのだ!一方。木星の衛星ガニメデで、地球の物ではない宇宙船の残骸が発見される。関連は?」
というもので、これ読んだだけでものすごいワクワクして、「これでワクワクしないやつなんているのか?」と思って書いてしまいました。

よくよく考えたら、ワクワクしない人もたくさんいる気もしてきました。ただ、どこの層にもマニアックなファンがいそうですよね。

ちょっと文章修正しときます。
  1. 2010/05/03(月) 09:08:46 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

>>かとさん
『エイリアン・ネイション』は『リーサルウェポン』みたいな刑事バディムービー人間とエイリアンでやってみた映画です。エイリアンの造詣が恐竜みたいで、大量にいるから名前も適当につけられて、主人公は人間ですけど、バディのエイリアンは「サム・フランシスコ」(色んなところの街の名前そのまま付けられてる)とか言います。
シリーズ化されてますけど、1しか見たことは無いです。昔はレンタルビデオ屋にたくさん並んでた記憶があるんですが。。。
結構ちゃんとした映画ですよ!

自分も今のところ一番です。あんまり映画館行けてないから、今年の3,4位しか見れてませんけど。

>藤岡弘探検隊→アバター(観てないけど)→ガンダム
これ矢印で繋がるんですか!?
正直自分は、あのパワーローダーが出てくるまでは、色んな要素をミックスさせるような映画じゃないと思ってました。最後までドキュメンタリーっぽくいくと思ってたんで。良い意味で裏切られましたが笑

南アフリカでエイリアン(外人)の居住区作って隔離するぞっていうのがもろアパルトヘイト意識してますよね。エイリアンって言う新たな下層ができたときそれまで差別されてきた人たちも差別する側に回る。これ復讐の連鎖の一つなんですけども。。。差別の傷跡ってのはでかい。

あの人役者じゃないのか……それにしては良かった気がするのに。
  1. 2010/05/03(月) 09:26:46 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

>>にしさん
コメントありがとうございます!!

自然な流れで逆転できてました。映画自体がちょっと変わってしまってる気がしないでもないですが、上手いですよね。
前半が人間向けの番組みたいに作っていて、エイリアンの生態とか習性とか人間が嫌いそうなところばかり見せるみたいな情報操作も上手い。

応援を呼べるってことは、そこまで差別されていた人種じゃないと思います。自分としては、人口が増えすぎたとかの何らかの原因の軽犯罪レベルの囚人を含めた(狭いところにものすごい大量にいたから、囚人なんじゃないかと)移民船で、新天地を目指して宇宙を放浪して、食料とかが限界にきてギリギリで地球に来れた。もしくはその前になんかあって幹部がほぼ全員死んで、自動操縦で地球についたけど、仕切ってる人がほぼ死んでて、生き残ってたクリストファーもコントロール船みたいので、落ちちゃって、中の人は到着したことも知らず、中から開けることも出来なかったとか。
隔離されることには特に反対というよりは、何か慣れみたいのを自分は感じましたけど。

同じ種なのに、明らかに頭悪いのと頭良いのがいるんですよね。というかクリストファーだけやけに頭が良かった。ネコ缶食うと麻薬みたいにパッパラパーになるとかあるんですかね?まあクリストファーは船を仕切ってた幹部の生き残りでしょうけど。下手したら船長です。
どっちにしろ、そこらへんは説明不足ですよね。想像の余地を与えるにしろ、もう少し説明がほしかった。

そのサイトしらなかったです!ヴェクターっぽいの使ってるなとは思ってましたが、白塗りのせいで良い意味で未来っぽさが出て判断付かなかった。。
  1. 2010/05/03(月) 09:53:48 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

遅ればせながら・・・

「エイリアン・ネイション」ってエイリアンが二つの心臓を持ってるってやつだったよね。そういえば、「第9地区」に似てる所あるかも(笑)

というわけで、私も「第9地区」観ました。
感想はにしさんと同じ感じ。
視点移行のさせ方が秀逸で、最初は気持ち悪いだけだったエイリアンが最終的に愛らしく見えてしまいました。

たぶん知ってるかもしれないけど、この作品、元々同じ監督が作ったショートフィルムなんですよね。
それを長篇にしたのが今回のやつで、ショートフィルム版はここで見れるので、もし見たことなかったら・・・↓
http://cg.follow-w.net/?eid=963337#sequel
  1. 2010/05/03(月) 12:21:06 |
  2. URL |
  3. CROSS #-
  4. [ 編集 ]

それそれ!

知ってる人がいてくれた!!心臓が二つあって、海水で体が溶けたり、エイリアンにとって麻薬なものが人間にとって無害だったりするちょっと面白い映画!エイリアンが難民ってところは同じなんだよね。それ原因での犯罪とかも。

エイリアンの子供とかも、なんかだんだんと可愛く見えて来るんだよな。不思議。

ショートフィルム版の記事も書きました!Thanks!
  1. 2010/05/04(火) 14:28:08 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nestofdragon.blog130.fc2.com/tb.php/30-9359d967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

成川ジロー

Author:成川ジロー
暴力は嫌い。
お酒も嫌い。
女性に弱い。
お金は無い。
誠意はある。

評価は
★=1
☆=0,5
五つ星=★★★★★が最高評価です。

yahoo映画も登録してます↓
http://my.movies.yahoo.co.jp/profile-h5Bi36CCZy9hq1y7A4EjP_5.bwtX

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
映画 (7)
演劇 (2)
プロレス (0)
格闘技 (0)
映画-香港 (24)
映画-邦画 (22)
映画-洋画 (33)
映画-その他 (11)
目次 (6)
プロレス-WWE(WWF) (0)
格闘技-ボクシング (0)
格闘技-K-1 (0)
格闘技-総合 (0)
小説 (1)
アニメ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。