成川ジローの愛すべき○○ブログ(ネタバレあり)

管理人である成川ジローが愛すべき映画やアニメを格闘技、プロレスに絡めたりもして語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

怪盗ブラック・タイガー

 三池監督の快作『スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ』のオマージュ元になってると言う噂を聞いたので鑑賞。それは凄まじい世界だった。


邦題『怪盗ブラック・タイガー』
英題『Tears of the Black Tiger/Fa talai jone』
2000/タイ/114分
監督 ウィシット・サーサナティヤン
出演 チャッチャイ・ガムーサン、ステラ・マールギー、スパコン・ギッスワーン、エーラワット・ルワンウット、ソムバット・メタニー

ポスター

 農民の少年のダムは、ある日引っ越して引っ越してきた富豪の娘のラムプイと知り合い、その後離れ離れになるも10年後に大学で再開し恋に落ちる。しかしダムは父親の仇を取る為にファーイ率いる盗賊団に入り「ブラックタイガー」の異名を取る凄腕となり、ラムプイは父親の希望で警察署署長の息子ガムジョンと婚約することになり、二人の立場は相容れないものとなってしまう。そんな中、盗賊団撲滅を指揮するガムジョンを捕らえたダムだったが、ラムプイの婚約者であることがわかると逃がしてやることにし、それを相棒のマヘサンに見破られ、組織にも警察にも追われる立場になってしまう。

 お話は、身分やら立場の違いによる悲恋の話をベースにした得に捻りの無い物。捻りがあると言うか、この映画の注目すべき点はお話ではなく世界観一点にある。最初に二人の約束の場所で、サーラー・ロウ・ナンと呼ばれる伝説が伝わる小屋が登場するのだが、

約束の場所すごい世界色

 このビジュアルである。彩り豊かと言うか、ものすげえ色合いの世界である。この世界の色合いはここだけでなく、普通に撮ってるところもあるけど、たいだいずっとこんな感じ。この画像は曇りだからまだわからんかもしれんけど、太陽が出てるときなんかはこうなる。

オマージュ元

 車の中のシーンは外がモノクロ。

外は白黒

 すんごい世界。「こういうのもありなんだ」と思ってしまう。確かに印象は強くて、『スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ』のオープニングでオマージュされたのはわかるが、正直この世界観のまま最後までやられると、飽き飽きしてしまう。
 しかもこの世界観で、他は特筆すべき部分は無く、アクションなどはまぁ頑張っている程度で、物語がクソ真面目なもんだから、最後までこのスタイルを面白くて悪ふざけ的にやっているのか、大真面目にやっているのかわからない。タイで西部劇やりたいって考えた監督とプロデューサーか何かが、

A「西部劇やりたいけどさ、俺らの住んでる土地って、ああいうだだっ広い荒野みたいな感じのところ無いよねー」
B「じゃあ全部セットでやって変な色にして誤魔化せば良いんじゃね笑」
A「ちょっとやってみようぜ!」

 みたいな会話をして始まったんじゃないかと思ったんだが、それにしては悪ノリ感が無いから、上手く楽しめなかった。アジア人が西部劇をやるってだけでそれはもう不真面目に見えてしまう部分があるのだから、コメディ方向に持っていった方が楽なんだけど、あえて真面目に突き進んでみたらやっぱり収まるところに収まっちゃったって感じ。

 役者の人たちも至極真面目。
 主人公のダム。チャッチャイ・ガムーサン。

ダム

 主人公だけど、基本しかめっ面で、凄い楽な気がする笑


 ヒロインのラムプイ。ステラ・マールギー。

ラムプイ

 こいつがもうちょっと考えて行動してれば、悲劇は免れたんじゃないかと思う。


 ダムの相棒、マヘサン。スパコン・ギッスワーン。

マヘサン

 三枚目っぽい脇役かと思ったら友情物語やったり、ライバルやったり、悪役やったり、かなり良いキャラだった。


 盗賊団のボス、ファーイ。ソムバット・メタニー。

ファーイ

 この人がなんで簡単にダムを捨てちゃったのかわからんかった。結構絆あったみたいなんだけどな。ダムの忠誠心もちゃんとあったし。


 ラムプイと婚約するガムジョン警部。エーラワット・ルワンウット。

ガムジョン警部

 融通の効かない、駄目な人。ってか、ラムプイの名前を出したらブラックタイガーに命を助けられた。それなのに全然恩とか感じてないのな。ラムプイを責めたりするし、酷い男だ。

 ちなみに親父の署長。

ブラックタイガー署長ってか後藤ひろひとそっくり

 『みんな昔はリーだった』のデ・ニーロの真似してる後藤ひろひろに似てる気がする。

後藤ひろひとj

 髭だけか笑 まぁ、この髭っつったらやっぱ『プロジェクトA』を思い出しちゃいますけどね。警察だし。


 世界の色作り以外だと、唯一兆弾のシーンが面白かった。

兆段

 画像だとわからないだろうけど、オープニングのアクションで兆弾で敵をやっつけて、その後いきなり

兆段説明

 この画面が出て説明を始めると言う、なんともお馬鹿なシーン。ここは良かった。でもここだけで他は全然お馬鹿なシーンは無くシリアス一辺倒。世界に飽きると得に面白くない。
 途中大掛かりな銃撃戦シーンがあるけど、

M1919.jpg
m60.jpg
m1.jpg
LAW.jpg

 やっぱり、頑張ってはいるんだけどなぁ程度。西部劇真面目にやるとどうしてもアメリカのものと比べちゃうしね。。

 悲しい事だが、114分でも長いと感じてしまう。こういう怪しさは嫌いじゃないんだけど、なんだかなぁ。90分くらいにして馬鹿映画を目指した方が良かったんじゃないかと思う。長いシリアスな自主映画っぽさがあった。
 試みだけは褒めたい映画。滅茶苦茶印象には残る。


愛すべき名場面
○兆弾の説明

愛すべき名台詞
特になし

評価
★★☆
(★ 五つが最高。☆は0,5点)

予告編↓

スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2011/07/30(土) 16:20:54|
  2. 映画-その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<世界侵略: ロサンゼルス決戦 | ホーム | スカイライン -征服->>

コメント

昔DVD持ってたw
バカ映画かと思って観ると意外と作り手は真面目に作ってるんだよね。そのせいでラブロマンス部分はだるい…。
各種ガンアクションは好きだな。勇壮でチープな音楽も。

監督のサーサナティヤンはタイのアメリと呼ばれているらしい「シチズン・ドッグ」という作品も手がけているけどそれは予告観ると結構おもしろそうだった。DVD借りようと思っているうちに見当たらなくなってしまったが…。
  1. 2011/08/01(月) 23:48:57 |
  2. URL |
  3. かと #-
  4. [ 編集 ]

>>かとさん

 たしか昔かとさんから一度薦められた気がしますw

 チープさを売りにしてるんだかしてないんだかわからないところがなんとも言えないですよね。ラブロマンスは本当に要らない笑 

 タイのアメリ……ん?映画のタイトルって言うか映画のキャラの異名がついてるんですか???
 タイの映画というと全然わからない。。アクションは『マッハ』以降ようやく入ってくるようになりましたが……ジージャーをもっと見たいですね!
  1. 2011/09/25(日) 20:09:50 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nestofdragon.blog130.fc2.com/tb.php/135-2108805b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

成川ジロー

Author:成川ジロー
暴力は嫌い。
お酒も嫌い。
女性に弱い。
お金は無い。
誠意はある。

評価は
★=1
☆=0,5
五つ星=★★★★★が最高評価です。

yahoo映画も登録してます↓
http://my.movies.yahoo.co.jp/profile-h5Bi36CCZy9hq1y7A4EjP_5.bwtX

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
映画 (7)
演劇 (2)
プロレス (0)
格闘技 (0)
映画-香港 (24)
映画-邦画 (22)
映画-洋画 (33)
映画-その他 (11)
目次 (6)
プロレス-WWE(WWF) (0)
格闘技-ボクシング (0)
格闘技-K-1 (0)
格闘技-総合 (0)
小説 (1)
アニメ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。