成川ジローの愛すべき○○ブログ(ネタバレあり)

管理人である成川ジローが愛すべき映画やアニメを格闘技、プロレスに絡めたりもして語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

約三十の嘘

 自分が所属している劇団が今度やる演目だし、映画版の監督の大谷健太郎さんとは何度かお会いする機会があったのでこれは見なきゃと言う事で鑑賞。


邦題『約三十の嘘』
2004/日本/100分
監督 大谷健太郎
出演 椎名桔平、中谷美紀、妻夫木聡、田辺誠一、八嶋智人、伴杏里

About-30-Lie_2.jpg

 チームを組み、詐欺をやっていた志方、佐々木、久津内、宝田はそのときに現地でメンバーに入れた今井と須藤に稼いだ金を持ち逃げされ、バラバラになり、リーダーだった志方は不安定になってしまっていた。それから3年後、久津内の呼びかけでもう一度チームを組み、北海道で大掛かりな仕事をやることになった4人だったが、宝田が3年前には別のチームで詐欺をやっていた横山を連れてきて、さらに久津内は金を持ち逃げしたと思われていた今井を連れてきて波紋を呼び、それぞれ思うところがありながらもチームはトワイライト・エクスプレスに乗って北海道へ向かう事になる。そしてどうにか仕事を大成功させ、お金を得たチームだったが、帰りの列車の中で売り上げを入れていたトランクが消えてしまうという事件が起こる。

 簡単に言えば、詐欺師たちの嘘の付き合いの物語。元々は劇団MONOの舞台であり、それを映画化。舞台の方は詐欺師の嘘の付き合いの会話劇であるが、映画版は嘘の付き合いと言うよりも、会話劇と言うよりも、詐欺師たちの恋愛映画となった。そして主人公が宝田になった。これが良い方向に転んでいるか、悪い方向に転んでいるかは個人の好みによるところが大きいと思うが、とりあえず舞台と映画を別物にするという事には成功している。そのままだと映画にする意味が無いしね。嘘で話を作っていくゲームのシーンを丸々削ったり、志方が昔凄い人として有名だったという新エピソードや、久津内と横山のキャラを強めて今井との恋愛に絡めたのは英断だったと思う。
 
 とりあえず役者紹介。
 元リーダーの志方。椎名吉平。

しかた

 3年前の事が原因で、少しおかしくなってしまっている。
 少しどころか、最初の方とかところどころ異常者にしか見えないような……演出過剰な気がする(^^; その分最後の怒鳴るシーンとかに活きて来るってのはわかるとしても、やりすぎだと思う。この状態で実際に詐欺とかできないだろ。
 劇中で「一つの大きな嘘をつくと、そのために三十の小さな嘘をつかなくてはならない。だから大事な部分以外真実を言っていた方が楽なのさ。」って言ってたけど、タイトルってこういう意味だったの???


 一番チームのことを思っている宝田。中谷美紀。

たからだ

 佐々木から好意を抱かれている。
 映画版では実質この人が主人公。この人の恋愛感情は金よりも詐欺よりも優先される。ってかそりゃ無いでしょう!金持ってかれて良いのかよ!?本当にこの人詐欺のプロなの???って感じで納得がいかない。甘すぎるというか……本当にそれで良いの?


 志方を「死んだ」と言い張る佐々木。妻夫木聡。

つまぶき

 志方への憎しみと憧れの入り混じった思いは宝田への感情を含めて考えてみると中々面白いと思うんだけど、それがあんまり活かせてなかった気がする。企みに対する向き合い方がブレブレなのはわかるけど、本当に頭悪いしね。酒飲んで企みがバレるとか、ないわ。


 今回の仕事の絵を書いた久津内。田辺誠一。

くつない

 一見仕事ができそうだけど、駄目男。田辺誠一って格好良い役ばかりだと思ってたけど、こういう駄目男もかなり良いなぁ。今井への恋愛感情がある分、舞台版よりもキャラは濃くなった。ただ、その分不純になった笑 今井のことをパインちゃんって呼ぶのも面白い改変だった。
 

 宝田が連れて来た外部の男、横山。八嶋智人。

よこかわ

 宝田をババロワちゃんと呼び、今井をミルキーちゃんと呼ぶ、ちょっと変な人。ただ実力は十分らしく、仕事の途中から頼りない駄目男のリーダー久津内に代わり仕事の指揮を執る。
 舞台版も良いキャラしてるんだけど、さらにキャラが強くなって良くなった。惜しむらくはそのキャラの強さを物語のメインにあまり絡ませられなかったことだと思う。八嶋さんは本当に良かった。


 久津内と横山から求愛される今井。伴杏里。

いまい

 ボインちゃん。ミルキーちゃん。パインちゃん。呼び名がたくさんある笑
 この人だけ知らない役者さんだった。んで、このメンバーで比べられるのは酷ではあるけど、やっぱりこの人が一人演技上手くないのが目立ってしまっていて、終始なんだかなぁって感じ。ボインちゃんと言う事だけ理解しました。個人的な意見だけど、顔はあんまり可愛くない気がする。



 最初の方は大体舞台版と同じだが、後半は大分脚本が改稿されている。『約三十の嘘』には約三十の改稿があったとの噂らしいのだが、どうしても後半は甘いところが目立ってしまう。物語の方向性を変えたことは最初にも書いたとおり成功してるし、自分は良いと思っているんだけど、「志方がゴミ箱から鍵を取ってくるのがバレないと思ってる」「佐々木が仕事が終わったわけでもないのにお金をばら撒いて喜びに浸る」「佐々木が酒飲んでベロンベロンに酔っ払って宝田に企みがばれる」「誰かが盗んだって言う状況なのにお互いを見張る事が全く無い」などなど、こいつら絶対にプロの詐欺師じゃないって思っちゃう。許容できない穴がありすぎでしょ。素人だって思いつくような対策はせめてやってくれよ。こんなに頭が悪かったら詐欺師の仕事なんてできないよ。
 
 あと、どうせ変えちゃうなら詐欺のシーンもダイジェストみたいな形でささっと描いた方が良かったと思う。ゴンゾウの着ぐるみ出したんだから、踊ってるシーンも見たかったし、そこに時間を取れとは思わないが舞台との差別化のためにも、軽く描くべきだったと思う。

ゴンゾー

 ゴンゾウ実写化は嬉しいところなんだけどね。舞台版で言ってた台詞から自分が想像した通りのやっぱヤクザみたいなパンダだった笑


 ラスト、ハッピーエンドっぽく終わってるのは、結局こいつら詐欺の仕事なんてどうでも良いのか?って思っちゃうけど、それで良いのかな?お金よりも大切なものって確かにあるとは思うけど、この映画のラストにそれを持ってくるのは場違いな気がしてならない。詐欺師の映画でそれは違うんだと思う。

 舞台版とはちゃんと別物になり比べるのは野暮だが、話にちょっと問題があって名作とまでは行かない作品。楽しめる人もいなくは無いと思うけど、普通に共感できない部分が多いとも思う。

 ジャンルは恋愛映画だと思う。
 オープニングは格好良い。
 音楽のクレイジーケンバンドも、作品全体に合っていたかどうかは微妙なところな気がするけど、個人的に好き。


愛すべき名場面
○オープニング
○最後のタクシーと列車がすれ違うシーン。

愛すべき名台詞
○特になし

評価
★★★
(★ 五つが最高。☆は0,5点)

約三十の嘘 特別版 [DVD]約三十の嘘 特別版 [DVD]
(2005/06/10)
椎名桔平、中谷美紀 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/11/29(月) 22:03:46|
  2. 映画-邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラスト・ソルジャー | ホーム | エクスペンダブルス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nestofdragon.blog130.fc2.com/tb.php/118-eac5f53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

成川ジロー

Author:成川ジロー
暴力は嫌い。
お酒も嫌い。
女性に弱い。
お金は無い。
誠意はある。

評価は
★=1
☆=0,5
五つ星=★★★★★が最高評価です。

yahoo映画も登録してます↓
http://my.movies.yahoo.co.jp/profile-h5Bi36CCZy9hq1y7A4EjP_5.bwtX

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
映画 (7)
演劇 (2)
プロレス (0)
格闘技 (0)
映画-香港 (24)
映画-邦画 (22)
映画-洋画 (33)
映画-その他 (11)
目次 (6)
プロレス-WWE(WWF) (0)
格闘技-ボクシング (0)
格闘技-K-1 (0)
格闘技-総合 (0)
小説 (1)
アニメ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。