成川ジローの愛すべき○○ブログ(ネタバレあり)

管理人である成川ジローが愛すべき映画やアニメを格闘技、プロレスに絡めたりもして語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

十三人の刺客

 最近映画館で映画見れて無いなぁ……って思って平日に一人で勢いで見に行った。ネタバレあるよ。


邦題『十三人の刺客』
2010/日本/141分
監督 三池崇史
出演 役所広司、山田孝之、松方弘樹、沢村一樹、石垣佑磨、近藤公園、高岡蒼甫、六角精児、波岡一喜、伊原剛志、古田新太、窪田正孝、伊勢谷友介、稲垣吾郎、市村正親、光石研、平幹二朗、松本幸四郎、斎藤工、谷村美月、吹石一恵、岸部一徳

十三人の刺客ポスター



 遠くない将来、幕府の中央権力を得る事が決定している暴君・松平斉韶は日々残虐な行いを続け、民は苦しんでいた。その様子を見兼ねた江戸幕府の老中・土井大炊頭利位は国の将来のため、松平斉韶を暗殺を決意。配下の島田新左衛門に命じ、島田の下に命を賭して暗殺を実行する13人の刺客が集結する。斉韶のもとには新左衛門のかつての同門・鬼頭半兵衛ら総勢300人超の武士が鉄壁の布陣を敷いて暗殺に備えていたが、新左衛門は参勤交代の道中に通る宿場町の落合宿を丸々買い取り、待ち伏せをすることに。こうして、落合宿を舞台に13人vs300人の合戦が始まろうとしていた。


 予想通りの面白さ。これぞエンターテイメント時代劇って言うのを見せてくれる。『スモーキンエース』のページでも書いたけど、自分はこういう一癖も二癖もある連中が集まってさあ合戦だ!と言うのにてんで弱い。今回もその合戦までのワクワク感がハンパなく、その期待を裏切らない見事なクオリティとボリュームの合戦で大満足な映画だった。
 リメイクで、元の方は見てないんだけど今回の作品は面白く格好良くエログロい、三池っぽさが随所に出ていて、この人本当に凄いなと思わされる。三池作品は『DEAD OR ALIVE 犯罪者』『DEAD OR ALIVE 2 逃亡者』『DEAD OR ALIVE FINAL』『ゼブラーマン』『ヤッターマン』『クローズZERO』『クローズZERO Ⅱ』『探偵物語』『IZO』『龍が如く 劇場版』『スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ』と見ているが、この『13人の刺客』は個人的にはトップ3に入る。

 豪華な役者陣で注目されたけど、本当にみんな格好良くて良かった。予告編だと映って無い人も多々いるので、紹介サイトなどから画像引っ張ってきました。


 暗殺を命じられる主人公の島田新左衛門(御目付七百五十石)。役所広司。

役所広司…島田新左衛門

 粘り強い事に定評のある侍。腕っ節も頭の良さも性格も◎な素晴らしい人材。
 役所広司って『バベル』『笑の大学』『どらへいた』くらいでしか見てないんだけど、良い役者だと思う。そんで『どらへいた』もそうだったんだけど、時代劇の役所広司の雰囲気はスゴい好き。なんか妙な安心感があるというか、台詞の言い方が癖になる。


 新左衛門の甥の島田新六郎。山田孝之。

山田孝之…島田新六郎

 酒を飲み、女遊びをし、博打を打ちながらも侍であることを捨てきれない不器用な男。新左衛門やその配下の平山九十郎は侍としての死に場所を探している感じがするけど、こいつの場合は生き場所を探している気がした。死亡フラグの様な台詞を妻に残していながらも侍として唯一生還する。
 三池組の傘下『クローズZERO』組からの参戦。『ウォーターボーイズ』のドラマのときはまだまだガキ臭かった気がするけど、『クローズZERO』シリーズを経て良い役者の貫禄が出てきた気がする。良い役者というか、個性派俳優なのかも知れない。ってか『クローズZERO』で高校生役やっててガキ臭さが抜けるってのも変な話だな笑


 新左衛門の部下の石塚利平(足軽)。波岡一喜。

波岡一喜…石塚利平

 斬り込み隊長と言う事で、刺客たちの先頭を走って敵を陽動したりする。
 自分の好きな役者さんで、この人も三池組傘下『クローズZERO』組より参戦。もっと目立って欲しかったけど、まぁ仕方ないか。人数多いし、豪華だし。


 新左衛門の部下の剣豪、平山九十郎。伊原剛志。

伊原剛志…平山九十郎

 剣の道のみを追求し、平和な世となった今武士としての死に場所を探し役所広司に拾われていた凄腕の武人。
 役の設定からしてそうなんだけど、圧倒的に格好良い。強い人のオーラが出てるというか、台詞なんてほとんどないけど、格好良い。


 九十郎の唯一の門弟、小倉庄次郎。窪田正孝。

窪田正孝…小倉庄次郎

 まだ若く、人を斬ったことがないが、たった一人の門弟だけあって剣の腕前は強い。この人知らない人だけど若々しくて、初めて人を斬ったときの表情とか普通に良かった。


 九十郎の友人で槍の達人の佐原平蔵。古田新太。

古田新太、佐原平蔵

 腕っ節は強く、それでいて場を和ませる事に長けている何処か飄々とした感じのある良いキャラ。グループに一人は欲しい。『七人の侍』で言う、「剣の腕はまず中の下。しかし誰からも好かれる人柄は、苦しい戦いにあって重宝」すると言われた平八の様なポジションかな。まぁ普通にこの人は強いんだけど。
 こういう役が似合うな古田新太。100点だと思う。新感線ではいつも刀だった気がするから、槍を振り回す新太っていうのは新鮮だった。


 新左衛門の部下であり、組織の参謀役、倉永左平太(御徒目付組頭)。松方弘樹。

松方弘樹…倉永左平太

 とても戦いの算段をしているようには思えない和やかな雰囲気の部下。部下と言っても付き合いが長いみたいで古くからの友人のように見えた。そして異様に強い。この人の殺陣は一人だけ動きがおかしい。物凄い格好良かった。顔が良い。
 松方弘樹ってヤクザとかの親分のイメージがあったけど、こういう優しい感じの役柄も良いなぁ。まぁ合戦中はまさに鬼神の如き活躍でしたけど。


 倉永左平太の部下、日置八十吉(御徒目付)。高岡蒼甫。

高岡蒼甫…日置八十吉

 弓の名手であるらしい。弓を使うのは合戦の最初の方だけなので、あんまり設定が活かされなかったな。部下の部下なので、キャラの掘り下げがあまり行われなかったのが惜しい。
 山田孝之と同じく三池組傘下『クローズZERO』組から参戦。


 倉永左平太の部下、大竹茂助(御徒目付)。六角精児。

六角精児…大竹茂助

 怪力と言う設定だけど、そんな怪力っぽい描写は無かった気がする。同じく部下の部下なので、キャラの掘り下げがあまり行われなかったのが惜しい。ただ、この人の最期は狂気っぽくてとても良かった。
 六角精児……相棒シリーズの鑑識の人か!?全然わからなかった……。


 新左衛門の部下で軍師役、三橋軍次郎(御小人目付組頭)。沢村一樹。

沢村一樹…三橋軍次郎

 軍師っぽいことを何かしていたかどうかちょっと記憶があやふやで、松方弘樹に部下としての存在感を持っていかれてしまっていたのでちょっと目立って無い気がした。合戦時では素晴らしい最期だったが。
 この人もあんまり知らない役者でした。


 軍次郎の部下である意味暗殺作戦の成否を握る男、樋口源内(御小人目付)。石垣佑磨。

石垣佑磨…樋口源内

 火薬の使い方に精通せよ!と命令されて、爆破トラップのプロになる一人。この人の爆破トラップが無かったら人数を大幅に削る事ができず、作戦は失敗してただろう。
 全然知らない人でした。と思ったら、この人『伝説の教師』で未成年だから何やっても大丈夫とか言って中居君を刺したりしたヤクザの息子のクソ野郎さんでした。久しぶりだわ。


 軍次郎の部下、堀井弥八(御小人目付)。近藤公園。

近藤公園…堀井弥八

 ちょっと記憶があやふやなんだけど、こいつも爆薬使いで良いんだよね?なんか組織の金庫番と言うよくわからない役職で紹介されてるからわからなくなった。
 大人計画の演劇で見たことある。と思ったけど調べてみたら『ウォーターボーイズ』にも『ピンポン』にも出てた。印象的な顔してるんだけど、思い出せない……(^^;
 

 途中から加わる山男、木賀小弥太。伊勢谷友介。

伊勢谷友介…木賀小弥太

 ジャンゴの義経は設定からしてかなり格好良いカリスマキャラだったけど、今回はこんなキャラでも格好良い。伊勢谷スゴいな。村長の岸部一徳との絡みはご愛嬌(笑)このキャラが最期謎の生き残り方をしたりするのは本当に三池さんらしさだと思う。
 こいつの思い人であるウパシと新六郎の妻が同じ女優さん(吹石一恵)ってのは色々対比が考えられてて面白いよね。

 これで「天命あって集いし我ら……13人」。

待つ
13人
12人


 本当にみんな格好良くて男臭くて、良い。ただ、敵もかなり良い味を出している。

 討つべき標的、松平斉韶。稲垣吾郎。

稲垣五郎

 男は殺し、女は犯す。バイオレンスジャックのスラムキングの様に人犬を作って遊ぶ。縛り付けた女や子供を至近距離から弓矢で殺す。なんとも見事な暴君っぷり。シグルイの暴君のようだった。まさに狂気。
 『笑の大学』のときも思ったけど、この人普通に演技上手いんじゃね?SMAPってみんな演技そこそこ上手いよね。今回の吾郎ちゃんは郡を抜いてよかった。静かな狂気。怖い。「SMAPの誰々主演!」って聞いて最初は「大丈夫かよ?」って思うんだけど観てみるといつもかなり良いって言う罠(笑


 松平斉韶を暴君と知りつつ仕える古き侍、鬼頭半兵衛(明石藩御用人千石)。市村正親。

市村正親

 侍はどんな主君であろうと忠義を尽くすという、古き侍。悪い人ではない、無能な人でも無い、真面目過ぎた。こいつの方には手練れが基本的にはこいつしかいないようで、ひたすら孤軍奮闘していた気がしてちょっと可哀想になった。まああの人数でさらに手練れが何人かいたらどうしようもないか。
 市村正親さんは、眼光は鋭いんだがどうも強そうに見えないな……。


 あと、事の発端のある事件で息子夫婦を殺された尾張藩の家臣、牧野靭負(尾張家木曽上松陣屋詰)。松本幸四郎。

松本幸四郎

 松平斉韶に怒りの念を抱いている。
 橋を通らせないときの覚悟を決めた顔がスゴい良かった。

 もっとキャラ多いけど、予告編にも顔出さなかったりするから割愛。


 登場人物が多いから、全員のキャラの掘り下げをちゃんとやるって事は叶わなかったけど、それでも格キャラの最期は英雄ちっくでとても格好良く見える。特攻隊なのはわかっているんだけど、みんな死んで欲しくなかったな笑

 合戦は最初は結構大掛かりな爆破シーンを使ったり

爆発1
爆発2
爆発3

 CGの火のついた牛を走らせたり、ド派手な事をやるが、「小細工はここまでだ!」と弓矢すら捨てて、あとは役所広司の「斬って斬って、斬りまくれ!」の号令で13人vs200人(爆破とかで100人は削れたと思う)くらいの正面対決。約50分間、本当に凄まじく、泥臭く、熱い合戦。
 次々と倒れていく刺客たちの死に様はかなり壮絶。

 うろ覚えだけど、
 最初に高岡蒼甫が襖越しに刀(槍だったかな?)で貫かれて絶命。ちょっと意外だった。
 ボロボロにされた石垣佑磨が敵のヘタレ幹部みたいのに止めを刺される。
 ボロボロにされた波岡一喜が誰かにあとは頼む!的な事を言い残して動かなくなる。
 ボロボロになり、半ば狂人と化した六角精児が稲垣吾郎と市村正親を見つけて笑いながらも市村に斬られて笑いながら死亡。
 二刀流とか、地面に油引いて火をつけたりしてた近藤公園だが、ボロボロになり最期は爆弾を抱えて自らの血の雨を降らせて爆死。
 槍が折れ、刀を抜き暴れるもごちゃごちゃにされて古田新太死亡。
 伊原剛志は弟子の窪田正孝と共に、大量の刀を配置した場所で稲垣吾郎と市村正親をあと一歩のところまで追い詰めるも直前で敵の増援が間に合い、失敗、その後敵と乱戦になり伊原は刀を失いながらも石で敵を殴り殺したところで力尽きる。窪田はその師匠の死ぬまで戦う姿を目に焼きつけ力尽きる。
 役所広司と松方弘樹に全てを託し、一人時間を稼ぐために敵の軍勢相手に踏みとどまり、その場で獅子奮迅の活躍を見せ、その後ボロボロになりながら市村正親の前にたどり着くも真っ二つに斬られて死亡。
 松方弘樹は他の人よりも圧倒的に流麗で素早いチートのような殺陣を終始見せつけ、鬼神の如き活躍を見せるも徐々に傷ついていき、満身創痍になり力尽きる。
 役所広司は市村正親を道場稽古ではなく合戦の一騎打ちで仕留め、稲垣吾郎の刃を腹に喰らいながらも刃を立て、見事目的を果たして力尽きる。

 それぞれの最期ってこんな感じだったよね?いや、もう、ホントに凄かった。もう一回見たい。

 殺陣に重点を置いて、そこかしこに三池節を入れて、見事なエンターテイメント時代劇として成立していると思う。アクションだけでなく、役所広司と市村正親の対比、山田孝之と伊勢谷友介の対比(稲垣吾郎もこの対比に入れられるかも)、色々考えてみても面白いと思うし、現代の時代劇の大傑作と言って良いとおもう。何度も言うけど三池さんって本当にスゴい。満足。

 こういう邦画をもっともっと作ってほしい。


愛すべき名場面
○「みなごろし」~武者震い
○伊原が密偵を斬り捨てるシーン
○13人が集まっていくシーン
○松本幸四郎の通せんぼ
○合戦


愛すべき名台詞
○明石藩主松平斉韶様、お命頂戴することとあいなった
○預かったおぬし達の命、使い捨てにいたす
○天命あって集いし我ら……十三人
○各々方、覚悟は良いな!? おう!
○斬って斬って、斬りまくれぇ!


評価
★★★★★
(★ 五つが最高。☆は0,5点)


予告編↓
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/11/16(火) 00:44:37|
  2. 映画-邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<エクスペンダブルス | ホーム | 東京国際映画祭 『小学校!』『一粒の麦』『そして、地に平和を』>>

コメント

個人的には退屈はしなかったけどそれほどおもしろくもなかったんだよなあ。オリジナルが好きなんで今作の下品さがどうも…て感じ。
ダルマにされた農民の娘とか火牛の計とか長すぎる決戦とか全体的に演出過剰なとこが。てか、俺は三池さんとは根本的なところで合わないなとはっきり認識したよ。嫌いというわけでもないんだが。

伊原さんは「新選組!」とか「硫黄島からの手紙」で注目していたけれどやはり良かった。比較的若手の中では堺雅人と並んで安心して時代劇を任せられる役者さんだなーと思う。地味な人(失礼)だからなかなか注目されないけれどもっと売れてほしいわ。

松方親分は一人だけ芝居がクサいから周りから浮いていたのが楽しかった。殺陣も一人だけずば抜けて上手かったのはさすがです。

伊勢谷(なぜか呼び捨て)のキャラはちょっとどうなんだと思ったが(一徳とのからみに限らず)三池さんの分身というか代弁者的な立ち位置というのは良かった。

五郎ちゃんは悪役!そういうのもあるのかって感じ。最初は絶賛されているけれど普通だなと思っていたが終盤の活き活きしていたあたり良かったよ。便所で死ぬというのも。

この作品、傑作だとは感じなかったけれど力作だとは思う。これだけパワフルな時代劇を今の時代に作ってくれたそのこと自体は賞賛してしまう。
今の時代劇って
・役者はさすがに良いけど演出がおじいちゃん仕様(その中でも山田洋次は実は意外と?キレがあるというのを感じた)な藤沢周平とかの時代小説家原作もの

・ミスキャストにいい加減なシナリオ、そしてすべる演出と見所が全くない、タイトルが主にローマ字表記なゆとり時代劇
の2パターンくらいしかなかったのでこういう時代劇、もっと作ってほしいです。その先駆けになればなあ。
  1. 2010/11/17(水) 00:07:01 |
  2. URL |
  3. かと #-
  4. [ 編集 ]

>>かとさん

 自分はオリジナルは見てないですけど、ダルマにされた農民の娘とかは確かに三池さんらしいところで、合わなかったら仕方ないですね。過剰なところはあると思います。でも自分は「だがそれが良い」って感じで。火牛の計は、あれ自分は見てて苦しさを感じたんですけど、あれは三池さんも望んだものじゃ無かったと思ってます。

 堺雅人の時代劇、新撰組を見てないので、ジャンゴしか見てないんですよね笑 『武士の家計簿』は茨城大学卒業生として、見に行きたいとは思ってますけど。伊原さんは癖のあるゴツさな気がして、こういう浪人しかできない気がします(^^;

 松方弘樹おかしいですよね!一人だけ場慣れしてる感じが半端無いwww

 伊勢谷みたいな、武士じゃないキャラってオリジナルにはいないんですか?三池さんの分身とは特に意識しませんでしたけど、三池さんが好きなキャラだってのは思いました。
 
 吾郎ちゃんが便所で死ぬの良いですよね!ただ、自分は首が便器の中に最後落ちると思ってましたが、それは流石にありませんでしたwww

 時代小説が元のしっかりしすぎた時代劇って、とても良いんですけど、何度も見たいって思わないんですよね……その点この作品はもう一度みたいって思わせるパワーがあったと思います。力技だらけの映画と言うか、荒々しさが非常に良い。誰もが三池さんみたいにこんなパワフルな時代劇作れるとは思いませんが、こういう時代劇が増えるのは確かに歓迎です。この不景気な日本で、セットも衣装もアクションも金がかかる時代劇ってのはかなり難しい事ですけどね……orz
  1. 2010/11/29(月) 22:18:09 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nestofdragon.blog130.fc2.com/tb.php/116-5093dff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

成川ジロー

Author:成川ジロー
暴力は嫌い。
お酒も嫌い。
女性に弱い。
お金は無い。
誠意はある。

評価は
★=1
☆=0,5
五つ星=★★★★★が最高評価です。

yahoo映画も登録してます↓
http://my.movies.yahoo.co.jp/profile-h5Bi36CCZy9hq1y7A4EjP_5.bwtX

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
映画 (7)
演劇 (2)
プロレス (0)
格闘技 (0)
映画-香港 (24)
映画-邦画 (22)
映画-洋画 (33)
映画-その他 (11)
目次 (6)
プロレス-WWE(WWF) (0)
格闘技-ボクシング (0)
格闘技-K-1 (0)
格闘技-総合 (0)
小説 (1)
アニメ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。