成川ジローの愛すべき○○ブログ(ネタバレあり)

管理人である成川ジローが愛すべき映画やアニメを格闘技、プロレスに絡めたりもして語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トイ・ストーリー3

 まぁ名作だろうと思って見に行ったらやっぱり普通に名作だった。期待通りの良作。
 ネタバレあるよ。


邦題『トイ・ストーリー3』
原題『Toy Story 3』
2010/アメリカ/103分
監督 ロー・アンクリッチ
制作 ピクサー・アニメーション・スタジオ
声優 唐沢寿明、所ジョージ、日下由美、他

ポスター

 もうすぐ大学生となるアンディ。一人暮らしを始めるために、部屋を片付けろと母親にしつこく言われ、渋々大学に持っていくものと捨てるもの、屋根裏にしまっておくものを仕分けしていた。もう人形遊びをする年ではなくなったが、それでも子供の頃よく遊んでいた人形のウッディやバズを箱の中にしまって大切にしていたが、悩んだ末にウッディは大学に持っていき、他のおもちゃは全て屋根裏へしまう事にする。しかし、母親は勘違いして、ウッディ以外のおもちゃをゴミとして出してしまう。それを捨てられたと勘違いしたバズらは、勘違いだと引き止めるウッディの言葉に聞く耳持たずに諦め、部屋に戻らず託児施設に寄付される道を選ぶ。しかし、その託児施設は一見とても平和で楽しい場所に見えるが、そこのボスである人間不信のロッツォが支配する牢獄だった。それを知ったウッディは仲間を助けるために託児施設サニーサイドへと潜入する。

 言うまでもないが人気シリーズの続編で完結編。個人的に1から2になってクオリティが明らかに上がっていて驚いたが、この3はさらに凄い。CGアニメーションはおそらく業界トップの出来だと思うし、物語が丁寧でとても良い。しかも泣けるだけでなくちゃんと冒険も楽しめるしちゃんとコメディも笑えるってのも凄い。全てにおいて質が高い。パーフェクトの映画。
 テーマは「つながり」とか「引継ぎ」「継承」とかになると思う。監督もちゃんとジョン・ラセターから新しい人に引き継がれているしね。大切に扱い、下の世代へ引き継いでいくのはおもちゃとの理想的な向き合い方だと思う。ものに溢れた現代ではとても難しい事だけれどね。
 なんでもアニメーション部門の観客初動員数の記録を塗り替えたらしいね。ベタだけど、良い作品が良い評価を受けてたくさんの人に見られるのはとても正しい事。

 2Dで鑑賞。こういう元々3Dっぽく作られてるCGアニメーションは3Dである意味がない気がする。『カールじいさん』とかも別に3Dである意味無かったと思うしね。


 もう子供ではなくなってしまったアンディ。

アンディ

 17歳で大学生。日本と違うからちょっと戸惑った。ただこの男、相当な好青年である。人形遊びはしなくなったけれども、遊んだ人形たちにとても愛着を持っている。持ち主の鏡だ。それとは対照的にアンディの母親はさっさと捨てろの一点張り。うちの母親もおもちゃやプラモデルに関してはそんな感じなんだけど、どこの母親もものをさっさと捨ててしまう事に抵抗が無いのだろうか?


 変わらずのレギュラーメンバーたち。

レギュラーメンバー

 前作で出ていたペンギンのウィージーや、羊飼いの少女の人形のボーがすでにいなくなってしまっているのがなんとも寂しい。自分が好きな小さい緑の兵隊たちは登場するのだが、なんと二体だけになってしまっていた……でも彼らのポジションは美味しい笑 ただ、画像に控えめに写ってる3匹のエイリアンはもっともっと美味しい笑
 そういえば今更気付いたんだけど、あの兵隊の軍曹役の声は『フルメタル・ジャケット』で有名なリー・アーメイがやってたんですってね。鬼軍曹過ぎるだろwww


 新キャラの良い臭いのするクマ、ロッツォ。

クマ

 今回の悪役なんだが……そうだね。確かにこいつも被害者であり可哀想だけれども、その後回りの仲間にも自分の考えを強制してしまったのは確かに悪い。
 誰か裏切りの洞窟から「しんじるこころ」取ってきてやれ。


 新キャラで一番楽しませてくれたのはこの男、ケン!

ケン

 バービーのボーイフレンド人形なのですが、アンディ家からサニーサイドに来た人形達の中にはバービーがいるから、当たり前のごとく両者一目惚れで恋に落ちて、その誰もが予測できる恋の演出の仕方が秀逸で滅茶苦茶笑える!!出会ったときのこの表情が最高!!笑 

ケンとバービー

 まるで予定調和の用に恋に落ちる。。。二人のファッションショーのシーンとか、拷問のシーンとかも滅茶苦茶面白かった。こいつらの表情見てるとやっぱクオリティ高い。ピクサー凄いってなる。
 あと、台詞は一切無かったけど、新キャラとして大トトロの人形がいるのも日本人としては嬉しいところ。スタッフロールのスペシャルサンクスにHAYAO MIYAZAKIとあったし、あっちも日本のアニメの代表格を見てくれているんだな。


 レギュラーメンバーで一番楽しませてくれたのはやはり、この男。バズ!!

情熱的なバズ

 ロッツォに色々されてまたもや自分の事をスペース・レンジャーだと思い込んで厄介なことになるんだが、(2では別人だったけど)2を結構最近見たので「天丼か!」って突っ込んでしまいそうになった。しかも今回は第3の人格、菊地秀行の魔界都市ブルースで言えば「僕」でも「私」でも無い第三の人格が登場!!この画像がそのスペイン語Ver.のバズなんだが、やけに情熱的でジェシーを口説きまくってて最高に可笑しい。


 脱出時のMr.ポテトヘッドの大活躍など、他にも可笑しい部分はたくさんあってそれが本当に面白いんだが、それだけじゃないのがこの作品。ウッディの大活躍は素晴らしいアドベンチャーをやってるし、壊れかけた赤ちゃん人形に追われたり、見張りの猿人形が目を見開いて監視していたり、走っても走っても逃げられない焼却場のラストの絶望感など、ホラー演出も半端無い。焼却場で諦めて皆が手を繋いで最後を迎える覚悟をするシーンは本当に胸が苦しくなった。
 そしてラスト・シーン。アンディが、ボニーに自分の遊んでいた人形を譲り渡すシーン。そこでもう人形遊びなんてしなくなったアンディがひとつひとつの人形を説明しながら、ボニーと最後の人形遊びをする。そこには一度は部屋に持って行こうとしたウッディ人形もある。
 本当に良いシーン。感動して劇場でちょっと泣いちゃった。シリーズ屈指の名場面だと思う。
 結末も良い家にもらわれる事ができて、サニーサイドがまともになって、本当に良かった。

 何から何まで質の高い、本当に隙の無い作品である。
 この形のCGアニメーションも行き着くところまで行き着いた気がする。これ以上クオリティが上がる事なんてあるのだろうか?
 とりあえずこのトイ・ストーリー3部作は後世まで語り継がれる名作なんだろうな。文句とか全然無いもん。けなす人もまずいないと思う。


愛すべき名場面
○冒頭の思い出のビデオのシーン
○バービーとケンの出会い
○バズの初期化
○バズのスパニッシュ化笑
○サニーサイド脱出
○焼却場でのアクション~クレーンで救出
○アンディの最後の人形遊び

愛すべき名台詞
○特になし

評価
★★★★☆
(★ 五つが最高。☆は0,5点)

予告編↓



P.S.
本編が始まる前のショートムービー『デイ&ナイト』もとても実験的な試みで短編にふさわしい優れた作品だった。アイディアがもう面白いしね。CGアニメーションの可能性を感じた。ピクサーって凄いわ。でもドリーム・ワークスも負けてない。『ヒックとドラゴン』も負けてない!
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/09/15(水) 21:29:31|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<第14回水戸短編映像祭 コンペティション部門 | ホーム | クリクリのいた夏>>

コメント

やっと見れた。

結局、DVDでの鑑賞になっちまったけど、すごく良かった。
なんつーか、これまで作られてきた三部作が、ラスト10分を盛り上げるための壮大な伏線のようにも思えてしまった。
  1. 2010/11/03(水) 01:12:43 |
  2. URL |
  3. CROSS #-
  4. [ 編集 ]

遅ればせながら

3は人間の顔の表情がCGで自然に作れるようになったタイミングで作られたのかなぁと思った。お話自体は前からあったのかな…と妄想。
  1. 2010/11/04(木) 21:59:03 |
  2. URL |
  3. あか #-
  4. [ 編集 ]

>>CROSSさん

 良くない訳がない!!笑

 1のときはそこまで続編の構想とか無かったように見えたけど、2は全部が伏線だったと思う。だからこれを見るちょっと前に2を見れた自分はタイミング的に凄い良かったと思う。
  1. 2010/11/16(火) 00:57:05 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

>>あかさん

 2の時点で結構CGは進化してたように思えたけど、まぁお話は2の頃から下敷きが出来てただろう。2の話をやるってなったら、絶対にアンディとウッディの結末も考えなきゃいけなくなるからね。
  1. 2010/11/16(火) 00:58:31 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nestofdragon.blog130.fc2.com/tb.php/109-5e8e9a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

成川ジロー

Author:成川ジロー
暴力は嫌い。
お酒も嫌い。
女性に弱い。
お金は無い。
誠意はある。

評価は
★=1
☆=0,5
五つ星=★★★★★が最高評価です。

yahoo映画も登録してます↓
http://my.movies.yahoo.co.jp/profile-h5Bi36CCZy9hq1y7A4EjP_5.bwtX

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
映画 (7)
演劇 (2)
プロレス (0)
格闘技 (0)
映画-香港 (24)
映画-邦画 (22)
映画-洋画 (33)
映画-その他 (11)
目次 (6)
プロレス-WWE(WWF) (0)
格闘技-ボクシング (0)
格闘技-K-1 (0)
格闘技-総合 (0)
小説 (1)
アニメ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。