成川ジローの愛すべき○○ブログ(ネタバレあり)

管理人である成川ジローが愛すべき映画やアニメを格闘技、プロレスに絡めたりもして語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボルト

 友人のおススメで『ボルト』を見る。ピクサー本当に外れねえな。もはや日本のアニメとは別次元に行ってしまった様だ。


邦題『ボルト』
原題『Bolt』
2008/アメリカ/96分
監督 クリス・ウィリアムズ、バイロン・ハワード
制作 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ(ピクサー)
声優 ジョン・トラボルタ(佐々木蔵ノ介)、マイリー・サイラス(白石涼子)、スージー・エスマン(江角マキコ)、マルコム・マクダウェル(中村秀利)、マーク・ウォルトン(天野ひろゆき)

ポスター

 女の子のペニーとその飼い犬のボルトはアメリカでアクションドラマ番組の人気者として有名になっていた。しかし、ボルトは自分がドラマの中の存在であることを知らず、本当にドラマの様なスーパーパワーが身に付いてると信じていて、現実との区別がついていなかった。あるとき、テレビ局の些細なミスでボルトはペニーと離れ離れになってしまい、ハリウッドからは遠いいニューヨークまで運ばれて、迷子になってしまう。ボルトはペニーがさらわれたと思い込み、すぐさまペニーの元に駆けつけようと偶然知り合った猫のミトンズとハムスターのライノと共にハリウッドに向かうが、だんだんと自分にスーパーパワーなんてものが無い事に気がついていき、道中で外の様々な世界を知る事になる。そうこうして、どうにかハリウッドにたどり着くが……。

 何から褒めれば良いのかわからない。けどとにかく良いです!!こんなん子供に見せたら絶対「犬欲しい」って言われるだろ!!
 前情報とか何にも無しで見たので、最初のそのテレビドラマのシーンで自分は「え?こういう方向なの?インクレティブル的な?」ってまんまと騙されてしまいました笑 『トゥルーマン・ショー』みたいな事をやりながらロード・ムービーみたいな事やりながら成長と飼い主との絆をちゃんと丁寧に描いてる、欲張りで贅沢な事をしながらそれらが上手いバランスで成功してる。本当に面白かった!!ところどころにあるギャグシーンも普通に面白いのが凄い。自分はピクサーの笑いの感覚に合ってるのかな??


 主人公のボルト。声は佐々木蔵ノ介(日本語吹き替えで見たので)。


ビーム

 画像は目からビームが出ると信じてて頑張って出そうとしてるシーン。『トイ・ストーリー』のバズでも同じようなのあったけど、こういうネタ面白いね!!こいつがとても勇気ある犬で、スーパーパワーなんてものは自分には無いという事を悟った後も本当に格好良くて可愛くて、素晴らしい犬。表情豊かで良い笑
 英語版はジョン・トラボルタが声やってる。ちょっと聞いてみたけどトラボルタはトラボルタでかなり合っていた。


 右の女の子が飼い主で子役のペニー。声は白石涼子。

ボルトとペニー

 ドラマでのコンビだが、その想いは本物でボルトを公私共々とても可愛がって大事にしている。良い子。本当に良い子。こんな良い子が飼い主だったら犬も本望だろう。


 一緒に旅をすることになるニューヨークの猫、ミトンズ。声は江角マキコ。

ミトンズ

 ちょっと高飛車と言うか、ひねくれたところのある猫。強引にボルトに連れて行かれてちょっと可哀想な気もしたけど、一度は失った家族も得たし、結果オーライ!!一度飼い主に捨てられた過去があるらしい。当たり前の事だけど、ペット捨てるな。責任持って最後まで飼えよ!
 ってか声優江角マキコだったのか……普通に上手かった。


 もう一匹の旅の道ずれ。ハムスターのライノ。声は天野ひろゆき。

ライノ

 名前はライノだけどサイじゃないよ。ちょっと太ったハムスターだよ。ボルトのスーパーパワーを信じて熱烈にサポートするおとぼけ役。やっぱこういうキャラが一人はいなきゃね!良く動くし良く喋るし、そして可愛らしい良いキャラ。ムードメーカーで、簡単に言うとエディ・マーフィーが出る映画でエディが主人公じゃないときのポジションみたいな感じ。
 ってか声優天野くんかよ!全然気付かなかったよ!しかもめっちゃ合ってた。英語版の人も凄い合ってるんだけど、天野くん、多才だな。。。


 利益優先のペニーのマネージャー。声は中村秀利。

ディレクター

 一応の悪役。本当に一応。まぁこの映画悪役が別に必要ないからね。「ピンに止めとく」って表現で何でもかんでも話を聞いた振りして先送りするのは悪いって言うか嫌なやつって感じだし(^^; ピクサーの悪役観って言えば良いのか、アメリカのアニメの悪役観って言うのか、なんか日本人の自分からするとちょっと無理やりに感じるときが多いな。『カールじいさん』とか『トイ・ストーリー』の2,3とか。
 悪役面はとても良かった。ってか何かモデルがいるんじゃないだろうか?どっかで見たことある気がする。

 あとそのテレビドラマに出てくる敵兵士がちょっと気になった。

敵兵士

 写ってないけど持ってる銃はおそらくXM29をベースにつくったもので、やたらと未来的でなんかメトロイドっぽくて格好良かった。
 そのドラマはマイケル・ベイが作ったんじゃないの?って言うくらいスローモーションを多用したスケールのでかい爽快アクション物で、見ていてとても面白い。ってかクオリティが高い。高すぎてワロた。
 クオリティが高いと言えば、背景が地味に凄い綺麗。そのせいでロードムービーパートも凄い良い出来になっている。色んな土地を上手く再現してて。行った事ないけどニューヨークの街の光の描写とか凄いんじゃないのこれ。

 あともう何が肝かって、ボルトが可愛いところじゃないだろうか。ペニーとの出会いの赤ちゃんの頃のボルトとか反則的な可愛さだったし、

可愛い1

 ミトンズにおねだりを教えてもらうところとかもヤバイ。

可愛い2
可愛い3
可愛い4
可愛い5
可愛い6

 ミトンスに色々教えられてスタジオの外の世界を知るところとか

可愛い7
可愛い8
可愛い9
可愛い11ミトンス
可愛い11

 ふざけんじゃねえよ!!!可愛すぎだろ!!!!ミトンズ様々。ミトンズも可愛いけど。

 もう展開は王道なんだけど、クライマックスは感動した。

ラスト1
ラスト2

 ペニーと共に眠るバルト可愛いし愛しいわ。

 途中に流れる歌とかも良かったし、エンディングに流れるジョン・トラボルタとマイリー・サイラスが歌ってる歌も良い。エンディングのアニメーションも素朴で良い。

エンディング

 DVD特典の短編アニメーション。『ライノ!』も凄い面白くて普通に笑った。

ライノ!

 とにかくこれは面白い。星五つだよ。良い良いって言われてたけど正直ここまで良いと思ってなかった。とりあえず今年のDVDでは一位だよ。
 今まで見たピクサーの中でも一番だなぁ。

1位ボルト
2位トイ・ストーリー3
3位カールじいさんの空飛ぶ家
4位トイ・ストーリー2
5位WALL・E

 ってな感じで。何?『WALL・E』が低すぎるって?『カールじいさんの空飛ぶ家』の順位が高すぎるって??『モンスターズインク』が入ってないのはどういうことだって???うるへー。こんなもん自分の勝手なエンディングじゃい!!!……ってか、結構僅差なところあるよ。全部悪くないもん。全部良い。『カーズ』だけはあんまりでした。
 

愛すべき名場面
○アクションシーン
○おねだり
○ロードムービーシーン
○ボルトがパワーが無い事を自覚し、自分のマークを確認するシーン~ライノのヒーローの話。
○クライマックス
○『ライノ!』でのライノの活躍

愛すべき名台詞
ライノ「この地球のいたるところに、自分は何もできないって思ってるやつがいる。例えば小さなハムスター。かつてオートキャンプ場の車の中で、ヒーローになる日を夢見ていた。女の子の危機を救い、こう言われるんだ。『やったわね!やったわね!ライノ!あなたのおかげよ!』。皆ヒーローが必要なんだ。どんなに勝ち目がなさそうでも、正しい事をするやつが。誰だってヒーローに言ってもらいたいんだよ!時には不可能を可能にすることもできるんだって!自分が頑張りゃ、やれるって!」
ボルト「あぁ。確かに言うとおりだよ。ライノ。今ミトンズにはヒーローが要る。俺がやるしかないか。」
ライノ「もっと自信を持って!さぁ、あの猫を救い出すのは誰だ!?」
ボルト「俺だ。」
ライノ「誰だ!?さぁ言ってみろ!!」
ボルト「俺だ!」


評価
★★★★★
(★ 五つが最高。☆は0,5点)

予告編↓


ボルト [DVD]ボルト [DVD]
(2009/12/16)
ディズニー

商品詳細を見る



P.S.
 ちなみに『バルト』と言う犬の映画がある。主人公は狼と犬のハーフかなんかで、ソリを引く犬で、病気の女の子を救うために頑張る映画なのだが、これもアニメである。紛らわしいわ!『バルト』も良い映画だったけどね。

 さらに余談だが、『トイ・ストーリー』の2、3ではおもちゃとの向き合い方を、そしてこの『ボルト』では飼い犬との向き合い方を考えさせられた気がする。自分を楽しませてくれたおもちゃを大事に扱っていただろうか?自分の家族である飼い犬を大事にしているだろうか?犬に関して言えば、実話この映画ずっとうちの犬を撫でながら見てました。うちの犬がもう目も見えなく、足腰も弱って自力で立ち上がる事の出来ない状態なので、毎日色々と考えさせられる。2chのコピペの犬の十ヶ条見て泣きそうになる。

犬の十ヶ条
1.私と気長に付き合って下さい。
2.私を信じて下さい。それだけで私は幸せです。
3.私にも心がある事を忘れないで下さい。
4.言う事をきかない時は理由があります。
5.私にたくさん話し掛けて下さい。人の言葉は話せないけど分かっています。
6.私を叩かないで。本気になったら私の方が強い事を忘れないで。
7.私が年を取っても仲良くして下さい。
8.私は十年くらいしか生きられません。だからできるだけ私と一緒にいて下さい。
9.あなたには学校もあるし友達もいます。でも私にはあなたしかいません。
10.私が死ぬ時お願いです。そばにいて下さい。どうか覚えていて下さい私がずっとあなたを愛していた事を。

 寿命とかわかっちゃいるけど、やっぱ死んで欲しくない。家族が死ぬのは悲しいからね。一緒に居られる時間を大切にしなきゃね。

 湿っぽくなっちゃったけど、犬飼って無くてもこの映画本当に面白いはず!!
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/09/03(金) 22:45:29|
  2. アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<クリクリのいた夏 | ホーム | インビクタス>>

コメント

私は劇場で見たんだけど、本編の前に流れるアニメは「ライノ!」じゃなくて↓だった。
http://www.youtube.com/watch?v=8pdeWiFlG9o
英語だけどなんとなくわかると思う。
もう最高すぎて、他見に来てるのが親子連れ数人だったから劇場で私だけ爆笑してたわww

ボルト、もふもふ(^ω^)!
  1. 2010/09/04(土) 01:53:04 |
  2. URL |
  3. curry #-
  4. [ 編集 ]

ピクサー・・・?

「ボルト」はピクサーではないはず。
気になったからwikiで調べたけど、ディズニーだけでやってるみたい。
ただ製作総指揮がジョン・ラセター(ピクサーの創設者)だから、
ピクサー的な風味が随分と出ていたような気はするけれど。

何はともあれ、作品は面白かった。

王道すぎる展開は捻りがないなぁと思うのだけれど、だからこそメッセージはストレートに伝わる。
何よりターゲットである子どものことを考えると、ちょうど良い案配だったと思う。

あと、ジローさんは言及してなかったけど、物覚えの悪いハトたちが、CROSSは大好きです♪
本当、ディズニーは良いキャラクターを生み出してくれるヨ。
  1. 2010/09/04(土) 09:51:05 |
  2. URL |
  3. CROSS #-
  4. [ 編集 ]

訂正

すみません、ジョン・ラセターはピクサーの創設者ではなかった。
正しくは、創立初期からのメンバー。
でも、ピクサーの最重要人物であるのは確かかと。
  1. 2010/09/04(土) 09:59:33 |
  2. URL |
  3. CROSS #-
  4. [ 編集 ]

>>curryさん

 劇場だったのか。DVD特典の「ライノ!」も面白いから是非!

 赤い鳥居に「東京湾」って書いてあって吹いたwwwってか、なんて上海っぽい東京なんだ……笑
 日本じゃドーナッツは警察だからって無料にならんぞwww忍者はともかく、ドラゴンスタイル……どう考えても中国ですありが(ry

 ボルトもふもふしすぎwwただ、真っ白なボルトより最後のすすでよごれたボルトの方が何か好きです。
  1. 2010/09/10(金) 17:16:07 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

>>CROSSさん

 ピクサーがディズニーに吸収されてからの作品で、ピクサーのジョン・ラセターが最初から最後まで製作総指揮したってwikiに書いてあったから、もうそれはピクサーで良いんでね?って思っちゃった。

 ドストレートが逆に良いよね。こういうアニメだと。なんていうか、一個捻ると何故か全部捻ろうとしてややこしくなることが多い気がするし。。

 あのハトたちがボルトを思い出せないシーンも良いよね。灯台下暗しって言うか、単純に面白い!
  1. 2010/09/10(金) 17:22:15 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

蛇足?

「ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT」オマージュじゃないかと。見てないけどね。
http://www.youtube.com/watch?v=NACaDOb_Eso
  1. 2010/09/10(金) 23:13:17 |
  2. URL |
  3. curry #-
  4. [ 編集 ]

見直そう…

ボルトもう一回見直してみようと思います。
あまり好印象がないボルト…

冒頭のワイルドスピード3のオマージュ作品の印象が強すぎて…
  1. 2010/09/11(土) 12:18:59 |
  2. URL |
  3. のり #-
  4. [ 編集 ]

>>curryさん

ゴミゴミした東京の何処でレースやってるつもりなんだろう……
妻夫木「GO!」じゃねーよwww
  1. 2010/09/15(水) 22:12:30 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

>>のり

別にこのブログで良い!って書いてるからって見返して印象を上書きする事も無いと思うけど、まぁ俺は映画館じゃなかったからね。
  1. 2010/09/15(水) 22:14:04 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nestofdragon.blog130.fc2.com/tb.php/107-ad751651
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

成川ジロー

Author:成川ジロー
暴力は嫌い。
お酒も嫌い。
女性に弱い。
お金は無い。
誠意はある。

評価は
★=1
☆=0,5
五つ星=★★★★★が最高評価です。

yahoo映画も登録してます↓
http://my.movies.yahoo.co.jp/profile-h5Bi36CCZy9hq1y7A4EjP_5.bwtX

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
映画 (7)
演劇 (2)
プロレス (0)
格闘技 (0)
映画-香港 (24)
映画-邦画 (22)
映画-洋画 (33)
映画-その他 (11)
目次 (6)
プロレス-WWE(WWF) (0)
格闘技-ボクシング (0)
格闘技-K-1 (0)
格闘技-総合 (0)
小説 (1)
アニメ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。