成川ジローの愛すべき○○ブログ(ネタバレあり)

管理人である成川ジローが愛すべき映画やアニメを格闘技、プロレスに絡めたりもして語るブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

菊次郎の夏

 このブログは邦画が少ない(洋画と香港映画意外が少ない)。見たい作品はたくさんあるんだけど、洋画と香港映画ばかり見て育った自分は洋画と香港映画ほど気軽に見れないんだよね。現段階でこのブログは洋画22、香港映画19邦画16その他4。均一にしたいから、なるべくDVDは韓国映画、タイ映画、邦画を優先して見たいと思う。

邦題『菊次郎の夏』
1999/日本/121分
監督 北野武
出演 ビート武、関口雄介、グレート義太夫、井手らっきょ、今村ねずみ、他

ポスター2

 小学3年生の正男は、父親を事故で亡くし、母親は訳あって遠く離れて暮らしているため、おばあちゃんと二人で暮らしているが、おばあちゃんは働いていて、小学校も夏休みに入り、友人も家族と旅行に行ってしまったため一人ぼっちでいた。ある日、偶然家の引き出しから母親の写真を見つけ、わずかなお金を持って母親に会いに行こうと思い立つ。それを知った近所のおばさんは心配し、自分の旦那である駄目男の菊次郎に付き添ってやれと頼む。こうして中年の駄目男と少年の母親探しの旅が始まった。

 前情報なんも無しで、県立図書館か何かで借りてハードディスクに入れて半年近く経ってようやく見た。まさかこんなに良い映画だとは思いもしなかった。この映画は中年の駄目男と純粋な少年の、母親探しのロードムービー。そして同時に中年と少年の一夏のファンタジー映画だと自分は思う。ファンタジー映画。ファンタジー本来の意味からは外れてるかもしれないが、自分は『フォレスト・ガンプ一期一会』もファンタジーだと思っていて、そういうファンタジーが大好きです。

 音楽はジブリのアニメでお馴染みの久石譲が『ソナチネ』や『キッズ・リターン』『HANA-BI』と引き続きやってて、今回は北野武が結構音楽にもこだわりがあって口を出したらしく、非常に映画にあっていて、なおかつ素晴らしい音楽だった。特に良いと思う。映画始まって初っ端からそう思わされた。



 これがメインテーマ。凄い良い。最初から持ってかれた。今回はこれを聞きながら読んでください笑 


 主人公の母親を探しに旅に出る少年、正男。関口雄介。

まさお

 うーん。特に美少年という訳でもない、このちょっともやっとした感じが凄い良かった。演技も、特に台詞がたくさんある訳じゃなく、黙ってる姿、控えめな姿が多いけど、特に問題は無かった。良いと思う。


 そのたびの道ずれの、チンピラな駄目中年、菊次郎。ビート武。

菊次郎

 見事なボンクラすなあwwwでも旅の目的地に着いたときや、ところどころでボンクラなりに正男を心配しているのがとても良い。バカ野郎この野郎ばっかしだけど、後半はちょっと優しさが見える。
 強面刑事か強面ヤクザのビート武も良いが調子の良い駄目男のビート武はより良いな。どっちもろくでもないキャラではあるんだが。


 この二人組が、菊次郎がボンクラなせいで色んなところに寄り道しながら、色んな人に出会いながら母親の元へと向かう。ヒッチハイクやタクシー泥棒や徒歩などで寄る所は競輪場に始まり、居酒屋、変態がいる夜の公園(笑)ホテルのプールや海、川原、縁日などバラエティに富む。そしてそこのシーンが一々面白くて笑える。
 こういうタイプの映画は自分の褒める言葉のボキャブラリーが少なくて、「良い」としか言えず上手くこの映画の味を伝えられないのがもどかしい。とりあえず良かったと思うシーンを紹介。


 競輪場のシーン。

競輪場

 帰りだけど、途中で出会ったバイクの二人組と旅人と5人で遊ぶシーン。

5人

 この二つのシーンは個人的とても笑えて楽しくて本当にくだらなくてしょーもないんだけど、それが良い。素晴らしい。5人組でダラダラグダグダとしょーもない遊びをするシーンが最高。

 旅人は今村ねずみ。

旅人

 バイク二人組みは井出らっきょとグレード義太夫。

バイク二人組み

 どの人たちも大して知らない人だけど、良かった。今村ねずみの笑顔良いね。子役の笑顔も良いんだけど。

 ただ笑えるだけでなく、なんとも印象的なシーンも、切ないシーンもある。
 プールのシーンとかの、フェード使わずにパッパと変わっていくのが良いし、帰りの海での隠れん坊とか、

 かくれんぼ

 正男が母親を見つけるシーンとか、菊次郎が母親を見つめるシーンとか、

母を見つめるたけし

 それぞれ響くものがあるんだけどなんて言葉にすれば良いのかわからないわ。

 そして心温まるシーンも。
 菊次郎なりに正男を励まそうとするシーン。

天使の鈴

 凄い不器用な優しさでね、それがまた良いんだよな。じんわりとくる。天使の鈴、欲しい。

 あと、縁日で調子乗りすぎて菊次郎がボコボコにされたとき、正男が夜中で閉まってる薬局を叩き起こしてクスリや絆創膏を買って来るシーン。

クスリを買いに走る

 奇妙な絆。何か『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』で相方が倒れて、薬局で生まれて始めて強盗するシーンを思い出した。なんかグッと来た。


 皆と別れるラストも凄い好き。正男が走ってるのが凄い良いし。

 特にこの旅は正男にとって素晴らしい良い事があった訳じゃく、むしろショックが大きかったかもないけれど、素晴らしい夏の思い出として一生記憶に残るんだろう。そんな一夏のファンタジー。毛色は違うけど個人的にファンタジーだと思う点で、『フォレスト・ガンプ一期一会』に似た雰囲気があったように思えた。そして『フォレスト・ガンプ一期一会』並に、見終えて優しい気持ちなれる映画。途中散々笑えるのも○ 音楽の力もでかくて、本当に良い映画。多少単調なシーンがあり、個人的には刺青から悪夢見るシーン天狗のシーンとかは要らなかったように思えたけど、夏休みに特有のダラダラとした、グダグダな感じが出てて逆に良いのかもしれない。

 もっと色々語りたいんだけど、自分はこれ以上この映画をの良さを褒める言葉を持たないので、見てない人は見て判断してくれ。こういうのはカンヌ取れないのかな?良い映画。良作であることに間違いはないんだが。

 バリバリのバイオレンス映画も撮る一方で、こういう優しい映画も撮れる北野武は凄い。その二面性があるからこそ『HANA-BI』や『ソナチネ』の静謐なモノも作れるのかもしれない。もしかしたら暴力と優しさは表裏一体で、とてもとても近しいものであるのかもしれない。

 

愛すべき名場面
○かつあげのシーン
○競輪場のシーン
○ホテルのフロントの人とのシーン
○プールのシーン
○カップルの車へのヒッチハイクと道中
○目の見えない振りをしてヒッチハイクするシーン
○母親を見つけるシーンとその後の海で天使の鈴を渡すシーン
○縁日での治療
○5人で遊ぶシーン
○海での隠れん坊
○菊次郎が母を見つめるシーン
○皆と別れるシーン

愛すべき名台詞
○バカ野郎
○この野郎
○菊次郎だよバカ野郎

評価
★★★★★
(★ 五つが最高。☆は0,5点)


予告編↓


菊次郎の夏 [DVD]菊次郎の夏 [DVD]
(2007/10/26)
ビートたけし関口雄介

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

  1. 2010/08/18(水) 16:09:58|
  2. 映画-邦画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<インセプション | ホーム | ベスト・キッド>>

コメント

きたきた!
おれも大好き。ジャンル的にも好き。ひと夏の?大人と子ども?みたいなジャンル。サイドカーに犬とか。
ぶっちゃけ内容忘れたけど。今年は何度も菊次郎の夏が無性に見たくなった。音楽も好きだ。
  1. 2010/08/20(金) 00:02:33 |
  2. URL |
  3. たけだ #-
  4. [ 編集 ]

ホント良いよね!

 コレは確かに一度見たら毎年の夏に見たくなるだろうなー。
 バディムービー良いよね。基本的だけど、それが良い。

 ライブの時間が間違ってたのもひと夏のファンタジー笑
  1. 2010/08/22(日) 13:28:09 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

どうしようもない奴

ビートたけしが演じる男は本当にどうしようもない奴ですね。
競輪場での正男に対する態度。
夜店でのインチキ。
それと正男に悪戯するホモは気持ち悪かった。

だけど井出らっきょとグレート義太夫が出てきたあたりから僕も楽しんで見ました。
大笑いする場面もありました。

正男の母親の現在の生活がわかった場面はホロリと来ましたよ。

北野武流ロードムービー。
  1. 2011/12/30(金) 16:49:00 |
  2. URL |
  3. 蟷螂の斧 #hOLFcCXo
  4. [ 編集 ]

>>蟷螂の斧さん

最初の方の菊次郎はもう本当にお金のことしか考えてない酷いやつですからね笑
その反動もあり、それからだんだんと距離が近くなってくるのは本当に上手く描けているなと思います。

井出らっきょとグレート義太夫っていう、菊次郎と正男二人以外のキャラクターが出てきてから、ちょっと関係性が変わってきて、保護者っぽくなってる気がします。少しですけど。

ロードムービーとしても行く先々の色んな場所をちゃんと描いていて、本当にすばらしい映画ですよね。笑って泣けるのがほんとうに好きです。
  1. 2012/01/15(日) 18:14:10 |
  2. URL |
  3. 成川ジロー #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nestofdragon.blog130.fc2.com/tb.php/105-9907bb06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

成川ジロー

Author:成川ジロー
暴力は嫌い。
お酒も嫌い。
女性に弱い。
お金は無い。
誠意はある。

評価は
★=1
☆=0,5
五つ星=★★★★★が最高評価です。

yahoo映画も登録してます↓
http://my.movies.yahoo.co.jp/profile-h5Bi36CCZy9hq1y7A4EjP_5.bwtX

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
映画 (7)
演劇 (2)
プロレス (0)
格闘技 (0)
映画-香港 (24)
映画-邦画 (22)
映画-洋画 (33)
映画-その他 (11)
目次 (6)
プロレス-WWE(WWF) (0)
格闘技-ボクシング (0)
格闘技-K-1 (0)
格闘技-総合 (0)
小説 (1)
アニメ (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。